お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ポメラとiPhoneのある幸福

2009/05/20 00:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

あんなに切望していた「電子辞書付ポメラ」は、もう諦めてしまったのか…。

 否!

だから、前言を撤回するつもりはない。「要望」は活きている。少なくとも、以下の2点だけは。

  1. 電子辞書を搭載するか、外部辞書を読み込めるようにする。
  2. 8000字の制限を緩和する。

こんなポメラが出たなら、即、もう1台購入してしまうに違いない(お下がりは、指をくわえてチラ見していた娘にあげよう)。「高機能化」という方向性もかすかながらも見えてきたので、今は我慢のしどころなのだと頭では理解している。

買ってしまったことに対して、言い訳するつもりはない。そもそも気になるからこそ、アラが目に付くのだ。
もとい、気になるなんてもんじゃない。喉から手が出るほど、欲していたんだ。

KING JIMから全く音沙汰がなければ、そのまま平穏に暮らしていたのだろう。でも、そうはいかなかった。
出ちゃったんだな、「期間限定カラー」なるものが。

これはズルイ。しかも、よりにもよって私の大好きな。何かの陰謀なのか!


天板はツヤツヤ

罠にハマっていると分かっていながら、あらがえない。それが、デジモノ好きの宿命…。

***

もっと前向きな話をしよう。
ポメラで文章を書くのは、すこぶる気持ちがいいことに気づいた。ネットに接続できるわけでもなく、調べものをするのも大変なのに、何故なんだろう?

この文章もポメラで書いている。キーボード入力が快適だからだ。
でも、それだけか?

いやいや、そうじゃない。
むやみにネットにつながらないから、良いのだ。たった一つの画面で、ひたすら文章を入力する。ほぼ一点を見続けることで生まれる集中感。妙に頭が冴えてくる。


表示文字サイズは32×32ドット(中サイズ)

そうだ、そうなのだ!
一切の雑念が振り払われている。

いつも、ちょっとでも分からないことがあると、すぐネットで調べてしまう。そんな癖だか習慣だか、皆、覚えがあると思う。が、それは便利であると同時に、失うものも多い。思考の中断、独創性の喪失、ネット上の誘惑…。

確かに、調べなければ書けない文章もある。でも、それはここで書くべきことじゃない。いや、思いつくままに書き出し、分からんことは後でまとめて調べるという手もある。

重要なのは、集中、だ。
新たな文章を生み出す力は、集中によって研ぎすまされる。

私は、電子辞書付のポメラを求めた。渇望した。それはそれで正しいことだったと思う。文章を完成させるには、辞書の力を頼らざるを得ないこともある。特に、公にすべきものは。

だが、無いものねだりをしてもしょうがない。現状でベストな選択をしたのだ。何たって、2秒で起動はスゴイ。こんなマシン、誰も実現できなかったのだから。

***

どうしてもすぐに調べたいことができたら、そのときはiPhoneを使おう。それがiPhoneの役目だ。あいつは小さなコンピュータだもの。

 小さなコンピュータ、iPhone 3G。
 小さなワープロ、pomera。

シンプルだからこそ、使えるやつら。うん、デジモノ好きで本当に良かった。ポメラとiPhoneに囲まれて、私は今、小さな幸せを噛みしめている。

最後に、これだけは言っておきたい(ちなみに、前回のタイトルにある「定額給付金」は釣りに過ぎない、スマソ)。

わずかでも心に迷いがあるなら、今は耐えるべき時だと。

 


ポメラ専用保護キット(保護フィルムはつや消し)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー