お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

定額給付金で「ポメラ」のパッションレッドを買ってしまった。

2009/05/19 01:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

5月15日、ポメラのリミテッドカラーが発売された。レーシングシルバーとターコイズブルー、そして、パッションレッド。

ポメラのサイトはもちろん、Googleで「ポメラ パッションレッド」などと検索すると、様々なニュースサイトやショップでその姿を拝むことができる。しかし、色合いがイマイチな写真が多い。霞がかかったように色がボケてしまっているのは何故だろう。

では、本物の色はどんな?
ちょうど秋葉原に出る機会があったので、ヨドバシAkibaで実物を見てきた(その前に、既にネットで注文してしまっていたが)。新色のターコイズブルーもパッションレッドもWEBで見かけるようなくすんだ色ではなく、表面には昔の冷蔵庫やオーブントースターのようなツヤがある。特に、パッションレッドは真っ赤で、実に鮮やかだ。

では、定額給付金(+α)で購入した私の愛機を紹介しよう。パッケージには、以下の3点と登録カードが同梱されている。写真で色と質感がお分かり頂けるだろうか(クリックで拡大)。

まずは底面の電池カバーを外して、単4アルカリ電池2本をセットする(いずれは「eneloop」にする予定)。固定アーム(支えの板)の下には、日付などのバックアップのためのコイン電池が装着されているので、絶縁フィルムを引き抜く。

液晶パネルを開いたところ。

本体の左側にあるキーボードオープンボタンを押してロックを外し、キーボードをスライドさせれば準備OK。底面にある固定アーム(支えの板)は机の上では必要ないが、膝の上など安定性の悪い場所では引き出す方がよいかもしれない。

キーボードの右上にある電源ボタンを2秒押すだけで、文字を入力できるようになる。

あんなに「電子辞書付きのポメラ」を切望していたのに、何故こうもあっさりと購入してしまったのか?
「所詮、衝動買いさ」と言われたなら、うむむ、反論できない。が、もちろん、それだけじゃない。明日、その魅力について、実際にポメラで打ち込んだ文章をここに載せようと思う(自画自賛?!)。

実売価格は2万円前後、定額給付金にこづかいを足せば購入できる金額だ。皆さんもお手元に一台、いかがだろうか?

KING JIM
デジタルメモ「ポメラ」

 

CNET Japan 2009/05/12
今の時代は「隙間市場」を狙え--キングジム、デジタルメモ「ポメラ」新色ラインアップ

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー