お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

拡大感染必至! Wii『恐怖体感 呪怨』先行恐怖体験イベントレポート

2009/05/12 01:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

ホラー解禁の夏までにはまだ間がありますが、一足早い恐怖体験を味わいました。5月9日、代々木の某会場で密かに行われた「Wii『恐怖体感 呪怨』先行恐怖体験イベント」に参加してきました。ホラーが三度のメシよりも好きな私は、恐怖への飢餓感から2時間半以上も前に会場に到着してしまい、スタバの「抹茶クリーム・フラペチーノ」で時間を潰さなければならなくなったほど。

「呪いの器」として選ばれたからには、多くの方々にこの恐怖をばらまかなければなりません。しばしお付き合いください。

『呪怨』と言えば、その名を知らない人はいないホラーの金字塔。ビデオがホラーマニアの間で評判となり、映画化で大ブレイク、ハリウッドでもリメイクされて全米を震撼させたという伝説のホラームービーです。もちろん私も、清水崇監督作品の大ファン。『呪怨』はビデオ版こそ未体験ですが、劇場映画は全作観てきました。

呪いつづけて、10周年」というキャッチコピー通り、今年は呪怨生誕から10年目にあたります。
ハァ〜、そんなに長く続いていたんですね。感慨もひとしおです。この記念すべき年に、何もしないなんてもったいない。
……というワケで、映画やゲームの新作発表やプロモーションのイベントが目白押しなのであります。ワクワク。

■書籍『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』
 大石 圭 角川ホラー文庫 6月25日 2作同時発売
■映画『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』
 新宿バルト9ほかにて、6月27より2作同時上映
■Wii『恐怖体感 呪怨』
 7月30日発売予定

映画『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』

さて、イベントが始まる前から旧作のダイジェスト映像を流し、隣の小学生と思しき男の子を泣くほどビビらせていた『呪怨』ですが、待望の新作『呪怨 白い老女』と『呪怨 黒い少女』のプロモーションムービーもハンバなかったです。原案・監修は清水崇、プロデューサーは一瀬隆重、監督には十人の候補者の中から選ばれた二氏を抜擢しています。

『呪怨 白い老女』は三宅隆太監督。アッキーナ演じる少女が、一家惨殺事件が引き起こす怨念の渦に巻き込まれていきます。『呪怨 黒い少女』は安里麻里監督で、加護亜依が看護婦役のヒロインとして登場します。産まれてくることのできなかった者の怨みが人々を呪い殺していくというストーリー。どちらも『呪怨』と直接の繋がりはない話なのに、世界観はまさに『呪怨』そのもの。如何なるおぞましい呪いが私達を待ち受けているのでしょうか。

ゲーム Wii『恐怖体感 呪怨』

Wii『恐怖体感 呪怨』はAQインタラクティブの製作で、ビル・リッチ氏がエグゼクティブプロデューサーを務めていますが、清水崇監督もアドバイザーとして製作に参加しています。そこが他の映画作品のゲームと違う点ですね。「純粋に恐怖のみを追求する」という頑固な姿勢がゲームという枠組みを超越し、コアなホラーファンにも納得の出来となっています。

実際に「迷い込んだ廃工場」というステージをプレイさせて頂きました。操作はいたってシンプル。Wiiのポインターを懐中電灯のあかりに見立て、WiiリモコンのBボタンで前進、方向キーの下ボタンで後退、Aボタンで「アイテムを拾う」といった各種アクションをこなします。襲われたときは、Wiiリモコンを横に激しく振ることで呪いを祓うことができます。

懐中電灯だけが唯一の心のよりどころなので、落ちている電池は必ず拾うこと。また、鍵が無いと開かないドアもあるので、闇の中でもキラリと光り輝く鍵を探しましょう。それにしても、廃工場は不気味なことこの上ないです。これで、伽椰子が這いずり出てきたひにゃ、もう……。

ステージをクリアすると「ビビリ度」と「ヘタレ度」の判定が表示されます。「普通の反応」ということで、何とか面目は保てたようです。

ぶっちゃけ、会場では、アドバイスをして下さるスタッフの方を意識し過ぎて電池や鍵やドアを探すのに躍起になってしまい、恐怖感もイマイチだったんです(決して、肝が据わっているわけではありません)。

でも、これがほの暗い部屋で独りゲームに興じているのだとしたら……。そんな自分の姿を想像するだけで、背筋に冷たいものが走ります。ぶるっ。

しかも、通常のゲームはクリアしさえすればハッピーエンドとなるわけですが、噂によると『恐怖体感 呪怨』はどうも違うらしいのです。まあ、映画をご覧になった方なら、伽椰子の呪いの凄まじさ、怖ろしさはお分かりになっているハズ。

一体、この先、どんな恐い目に遭わなければならないというのでしょうか!

恐怖は感染する

お土産として「感染拡大キット」なるものを頂戴しました。折りしも、勤め先では「新型インフルエンザ感染予防キット」が配られたばかりだったので、何かイワクめいたものを感じざるを得ませんでした(スミマセン、関係ないです)。あえて関連性を述べるなら、新型インフルエンザは水際で防ぐことが可能ですが、呪いは感染を阻む手立てがないかもしれません。

封筒の中にはゲームや映画のパンフと一緒に、怪しげなCD-ROMが入っていました。そのCD-ROMの中身は……、決して夜中に一人で見るものではないことだけは断言できます(でも、私のお宝になりました)。

ニンテンドーWii『恐怖体感 呪怨』は7月30日に発売される予定です。ぜひ、映画『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』と共に、呪怨の恐怖を骨まで味わい尽くしてみてください。

アア、こうして、恐怖は拡大感染していくのですね……。

 

映画、ゲームの共同サイト
http://www.juon10th.jp/

映画公式サイト
『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』

ゲーム公式サイト

(公式ブログの最新情報(2009/5/10)に掲載されている写真の、向かって左の後ろ姿が「私」です)

 

2009/05/12 15:40 訂正
肝心のタイトルが間違っていました。
『恐怖体験 呪怨』ではなく、『恐怖体感 呪怨』の誤りでした。
謹んで訂正致します。申し訳ありませんでした。
(「入力ミスとコピペが一番コワい」というオチですみません)

 

INSIDE 2009/05/10
Wii史上最恐。『恐怖体感 呪怨』先行体験してきました

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー