お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

曲名を話しかけるiPhoneやiPod touchが欲しかった?!

2009/03/12 21:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

昨夜のこと、娘がアルミのMacBookを買いたいと言うのでAppleのサイトに行ったら、トップページでバーンとiPod shuffleが紹介されているのに出くわした。3月11日、VoiceOver機能により再生中の曲名などを「話しかける」iPod shuffleがアップルから発売されたのである。

一体どんな風に喋るのか、まずはご試聴アレ。
ヘッドフォンのケーブルにコントローラが付き、ボタンを押すと「再生中の曲名とアーティスト名」または「複数のプレイリスト名(プレイリスト内の曲名ではない)」を読み上げる。

■VoiceOverでiPod shuffleが話しかけます。
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/voiceover.html

実は前々から、こういう機能がiPhoneやiPod touchに搭載されないかなと思っていた。自分で開発するという考えもチラリと頭をよぎったが、以下の理由で断念。

1. iPhoneのAppはサンドボックスとなっているので、iTunesライブラリやiPhone内の曲を活かせない。
2. App独自で音楽を管理することには魅力を感じない。
3. 私の知識と能力では、読み上げ機能を実現できない。
4. かといって、曲名を録音するのは面倒だしダサい。

てか、全然ダメじゃん!(笑)
ま、それはともかくとして、なんで話しかけてほしいのかを説明しよう。

曲名を喋ってほしい理由

私のiTunesに保存している曲が7000曲を越えた。これは自分で手に入れたCDの他に、娘が購入したりレンタルしたCDをインストールしているからだ(先日のカラオケリストに歳不相応な「痛い」曲が紛れ込んでいるのもこのせい)。

これだけの曲があると容量を食うので、さすがに全部をiPodに入れて持ち運ぶことは不可能だ。したがって、プレイリストを作成し、必要なプレイリストのみを同期することにしている。しかし、曲を振り分けるということは、まず一度は聴いてみなければならないわけだ。この時間がなかなか取れずに悩む。

私はBGMを聴きながら作業できない。というより、作業に集中しているときにも音楽を楽しんではいるのだが、曲を聞き分けられなくなるのだ。ひどいときは次の曲に移っていることさえ全く認識できない。それでも「これはいける!」と感じる曲があれば、とりあえずiTunesの「お気に入り」のプレイリストに入れることにしている。これらは後でまとめてiPod touchと同期する。

iPod touchのミュージックは主に車内でランダムに再生しているが、情けないことに自分で入れた曲でありながら曲名が分からないのである。これは悲しい。

というわけで、再生の合間にせめて曲名だけでも喋ってくれないかと常々考えていた。その機能が、ボタンを押すという操作が必要なものの、iPod shuffleで実現したというわけだ。日本語の発声がイマイチという意見もあるようだが、私はこのぐらい話せれば御の字だと思う。実に素晴らしい!

iPhoneやiPod touchにも期待

このiPod shuffleの話しかけるしくみ、実はiTunes 8.1以降で対応のVoiceOver機能を使用している。iTunesが音声を生成してshuffleに転送するのである。

早速、iTunes 8.1をダウンロード(iPod shuffle持ってないのに)。

これはどういうことか。つまり、iPhoneやiPod touchでも実現可能だということだ。ソフトウェア次第でいかようにもなるだろう。後から機能を追加できることが、iPhone・iPod touchの強みなのだから。

しかし、アップルはiPod shuffleと同時にはこの機能を提供しなかった。まずはiPod shuffleの独自機能ということで様子を見、売り上げを伸ばしてからiPhoneやiPod touchにも対応するつもりなのだと推察する。

「えっ、液晶が無いshuffleならではの機能じゃないの?」
確かに、それも一理ある。しかし、障害者の方の利便性を考慮すると、いずれどのiPodにも搭載されてしかるべき機能だ。視覚に障害がある方にこそ、簡単な操作でたくさんの音楽を楽しんで頂きたいと思う。

この機能の魅力のみで新しいiPod shuffleに飛びつこうとしている方は、もう少し様子を見た方がいいかもしれない。
いや、shuffleは従来の約半分と小っちゃいのに大容量(45.2mm×7.8mm、4GB)ルックスが超クール(アルミ製、レーザー刻印もOK)しかもリーズナブル(8800円)なので、これはこれで購入する価値は十分あるのだが。
つか、欲しい…。

iPhone・iPod touchのVoiceOver機能もお願いします、アップルさん!

■アップル - iPod shuffle
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/

 

CNET Japan 2009/03/11
14カ国語で「話しかける」iPod shuffleが登場--4Gバイトで8800円

GIGAZINE 2009/03/12
新型iPod shuffleの曲名などをしゃべる機能、日本語で実際にしゃべらせるとこうなる

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー