お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ぜひともCNETに「ブロガー紹介」ページを…

2008/12/10 00:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

常時募集しているためか、今年になってCETブログはかなりの賑わいを見せるようになってきました。トップページ右端にある「CNET Japanブログ」の新着記事10本は、かなりの速さで入れ替わっていきます。後で読もうと思っても、油断すると消えてしまう([ブログ]タグのページではもっと多くの記事が保存されてますけど)。一体何人の方が参加されているのか、全く把握できません。

1年目はおおよその人数が分かりました。
2年目は事務局の方に教えてもらいました。
でも、今年は……?

朝之丞さんと同じく、私も「CNET Japan ブログアワード」は楽しみにしていたイベントでありました。

1年目は緊張してリキが入り、化粧し過ぎて誰だか分からなくなりました。
2年目は肩の力が抜けてスッピンで参加し、これまた誰だか分からなくなりました。
では、3年目は……?

(どーでもいい話ですみません。でも、朝之丞さんのテラついたシマシマスーツにも悩殺されたかった)

イベント的な催しも盛り上がりますが、ブロガー同士でワイワイやるのがいいんです。オフ会という位置づけですね。顔が見えないネットでは、文章や会話から「人物像」というのが勝手に出来上がってしまいます。実際にお会いしたときに、驚いたり納得したりしながら人物像と実体が結びついていく過程がおもしろいんです。もちろん、顔なじみの方やコメントのやり取りをした方ならハナから会話が弾み、楽しいひとときを過ごせます。
そういう機会が無くなってしまったのは非常に残念ですね。自分たちでやるっきゃないということでしょう。

自主開催は仕方ないとしても「ではブロガーは誰なの?」って話です。ブロガー同士でも知らないのに、読者の方に分かるはずもありません。印象的なブログに遇ったり、同じ人のブログを何回か読んで、やっと記憶に留まる感じでしょうか。

現在のCNETブログが物足りないと思うのは、ブロガーの管理体制が普通のブログサイト並だからかもしれません。とにかく筆の立つたくさんの人間をプールして、自由に書かせる。ブログなので「表現の自由」はありがたいですけど、それなりの体制づくりはすべきだと思います。ブロガーごとのトップページは存在しますが、そこへのリンクが一元管理されていません。つまり、「ブロガー一覧」とか「ブロガー紹介」のページが無いんですね。これでは、ご贔屓も付きにくいはず。

それは井口尊仁さんがおっしゃるところの「何かが出来そうで出来ていない」ということにも繋がっていくように思います。しょせん、流し見るだけの存在では、ユーザーコンテンツの活用というレベルには達し得ないのでは。しかも、今年後半になって「Googleニュース」への掲載が取りやめになってしまったという経緯もあります。これといって突出した特徴が見当たらず、ごく平坦なブログの場になってしまったような気さえしてきます。

また、事務局から「××製品のブロガーによるレビューを採用するつもりです」という連絡を、過去二度ほど頂戴していますが、この試みもイマイチ空回りしている感は否めません。それは長期的な見通しが、ブロガーサイドからは全く見えないことが影響しているのではないでしょうか。「今年は CNET Japanブログアワードを開催しない」などという重要な情報でさえ、朝之丞さんがリークされて初めて知るくらいです。これを期待してブロガーになられた方もいらっしゃるでしょうに。

何だかんだ言いましたが、こういう発表の場があるということは大変ありがたいことですし、とても感謝しています。
私自身はこれからも粛々とブログを書いていくつもりです。

最後に。
ぜひとも「ブロガー紹介」もしくは「ブロガー一覧」ページを作ってください!!

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー