お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Amazon悪用の転売ヤーが「konozama」

2008/05/23 02:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

Amazonを倉庫代わりにして、利鞘を稼いでいた「転売ヤー」がAmazonから警告を受けたらしい。しかも、一度や二度ではなく、数回に渡って以下のようなメールを送りつけられたという。

平素は、Amazon.co.jpをご愛顧いただき、ありがとうございます。

お客様は、お支払い方法に「コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い」をご指定の上、商品を大量にご注文頂いておりますが、お支払い番号の支払期限を過ぎても、商品代金のお支払いを頂いておらず、商品を発送することが出来ない状態です。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い」をご指定の上注文された全商品につき、5月30日までに商品代金をお支払いくださいますようお願いいたします。

なお、本件につき、5月30日までにお支払いをいただけない場合には、ご購入の意思がないものと判断させていただき、ご注文を頂いておりますアカウント及び関連する全てのアカウントで承っております全ての注文をキャンセルの上、関連アカウントを含むお客様がお持ちの全てのアカウントを閉鎖し、今後のお取引をご遠慮させていただきますので、ご承知おきください。

今後もお客様とお取引を継続させていただくためにも、ご注文商品の早急なお支払いをお願いいたします。

今まで放置していたのに、何故今更支払いの催促なのか…。
そもそも「転売」という行為は許されるのだろうか。今一度考えてみたい。

資本主義の下では安く仕入れて高く売る、つまり「流通」によって利益を得ることがいけないことなのかってことだ。もちろん「流通」自体は全然悪くないが、ここで行われている「流通」は必要もないのに生み出されたものである。タイミングを見計らって右から左へと物を流すだけ。ぶっちゃけ、Amazonで注文しておきながら支払いをせずに発送をいったん止め、オークションで売れたらその相手に直送してもらうといった手口の場合、倉庫代や梱包代、配送料はすべてAmazon持ちとなる。コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いを選択すると、代金を支払う前に商品を確保できるというシステムを悪用しているわけだ。これでは、Amazonが「Maruzon」だ。

また、Amazonマーケットプレイスとの競合問題もある。ここの出品者はたとえどこかよそで活動している「転売屋」だったとしても、Amazonにとっては手数料を払ってくれる「客」である。しかし、Amazonの商品を横流しするような「転売ヤー」は「敵」以外の何者でもない。商品はそれを求める「客」には行き渡らず、最悪の場合、予約分の商品を確保できずに強制キャンセルせざるを得ないというザマに陥る(むしろ、システムに問題ありか)。かくして「konozama」にほとほと懲りた娘は、発売日に確実に入手したいCDなどは他のネットショップで予約するようになった。こういった「客離れ」現象は、Amazonにとっては何にもまして痛手だ。

もっとも、「転売」することがすべて悪いというわけではなかろう。法律に触れない範囲でやっているのであれば構わないという意見もあるほどだ。在庫整理やワゴンセールの品を大量に買い込んで「転売」することは、死に筋の商品を生き返らせ必要な人に届けるという役割を担っていると思う。生産から消費への一連の流れのどこかで、商品がダブついたり、反対に品薄になったりする不均衡を是正している面があるからだ。

社会的、人道的に許せないのは、買い占めによってレアものとしての価値を不当に高め、価格を吊り上げてから販売することで利鞘を得る行為だ。消費者をなめているとしか思えない。それでも飛びついてしまう消費者にも責任はあるのだが、こればっかりはどうも…。

Amazonで懲りたからといってこうゆう輩がいなくなるわけではないと思うが、今回の措置に「ざまぁ」と叫び、拍手を送っている人は多い。「転売ヤー」は我々一般消費者を食い物にして肥えているわけだから、さもありなん。数十万円以上もの発注をしておきながら支払いを完了しておらず、金の工面に奔走しているという「転売ヤー」の悲惨極まりない話にも、当然同情は集まらない。どころか、2ch辺りではすっかりやり玉に挙がっているのである。
というわけで、Amazon悪用の転売ヤーが「konozama」なのだ。

今月末からは至るところで、レアものやら新製品やらが放出されるのだろうか。それはそれで楽しみなことだ。
Amazonさん、これを機に「konozama」という悪名高き称号を返上して頂きたいものである。一等大事なのは「お客様」なのだから。

ITmedia News 2008/05/22
“転売ヤー”に、Amazonが最後通告 Amazonで商品確保、ヤフオク空売り

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー