お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

iPod touchに続き、iPod classicも購入するハメに(by娘)

2007/11/03 21:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

刻印入りiPod touch到着と書きましたが、ついに娘のiPod classic 80GBのブラックバージョンも購入しました。
iPod_classic.JPG

買う予定ではなかったのですが、何か娘に騙されたような..
というのも、元々は居間のテーブルに置いているノートPC(Dynabook)が壊れたせいなのです。これは娘がソファでくつろいでいるときの「ほぼニコニコ動画専用機」です。あまりにも酷使していたため、ある日とうとうスリープしたまま立ち上がらなくなったのでした。3軒の家電店やPC専門店に持っていって見てもらいましたが、どこも診断は同じで「ハードディスクが全く動いてませんね、これはメーカーに修理に出すしかありません」とのこと。

きっと神様が娘に「勉強せいよ!」との思し召しだろうと、私は娘に諭しました。
(娘)「分かった、その代わりiPod買って。夜中にも聞きながら勉強できるように。今のiPod(第4世代)はうっかり寝ちゃうと朝まで充電持たないんだよね」

PCを修理すると5万円くらいはかかりますし、代替機を購入するとなると10万円では済まないでしょう。だったら、29,800円のiPodを買うほうがいいかもー。ニコ動を観ながら勉強は無理ですが、iPodだったらジャマにならないというか、音楽聞きながらはむしろはかどるようなので。

というわけで先程の3軒の店に問い合わせましたが、どこもiPod classicは入荷待ちとのこと。かなりの人気なのか、ただ品薄なだけなのか..こんなときのAmazon頼み。また私の気が変わってはたまらないと、娘は即購入手続きを決行しました。

さて次の日、ブログのネタにPCが壊れたことを書こうかなと思い、画面の写真(BIOS画面で文字が表示されて止まる)を撮ろうと電源を入れると、なんとフツーに起動できるではないですか。娘は復活したPCに大喜び。動画とかのデータも入ってますしね。そりゃ、私だって直ってくれたのは嬉しいですが、「なにこれ、わざと?」と思いたくもなります。
(娘)「いや、なわけないから」
よくよく考えれば、ノートPCとiPodには何の関連もなく..(気づけよって)。

数日後、到着したiPod classicを手にして、娘は改めてその薄さに感動しています。愛機が第4世代iPodでしたからね。

まずは、フィルム貼りからやらされました。パワーサポート製の「クリスタルフィルムセット for iPod class」(こちらもAmazonにて購入)。画面シールの他に、丸い操作キーの部分や裏面のシールも付いています。画面用フィルムがちょうどピッタリの大きさなので、ほんの少しずれただけでも端っこが浮かび上がります。うむむ、なかなか難しい。

(娘)「そこにゴミが入ってるって。あ! 何やってんの。シールを拭いてどうすんのさ。ぅわ、もっとゴミついちゃったジャン! おかーさん、おかしいよ。いくらなんでも、貼付面を布で拭いちゃだめなことぐらい分かるでしょ」
手を出さずに口を出す。確かに私が悪かった。でも、貼ってあげてんだからね(最後には「ありがとう」って言ってくれました)。しかし、さすがパワーサポート、貼り上がりが美しい

ケースは以前に使っていたのと同じ、バード電子のスウェード調のもの。品名は「POCO iPod classic 80GBケース」。シリコンケースとどちらにするか迷ってましたが、手に馴染む感覚が好きなんだそうです。汚れ目も目立ちませんしね。これは第5世代iPod 30GBと兼用らしいのですが、サイズはあつらえたかのようにぴたっと合います。ところで、私のiPod touchのケースはただ今予約中。どんなケースを買ったのかはまだ秘密。こちらで紹介しますので、お楽しみに。

iPod_classic_POCO1.JPG iPod_classic_POCO2.JPG

iPod_classic_POCO3.JPG iPod_classic_POCO4.JPG

同時に「Apple iPod USB 電源アダプタ(2006) MA592J/A」も購入しました。「周辺機器は純正品じゃなきゃイヤ」というワガママな娘の要望で、Apple純正のものです。私はW-ZERO3用に購入したダイヤテックの「モバイルクルーザーホワイト PLS5USBW」を持っています。ちなみに、モバイルクルーザー姉妹品の「ニューモバイルクルーザー for iPod」は、iPod純正コネクタを使用したケーブルが接続されておりケーブルの抜き差しができない点が異なります。

両者を比較してみました。どちらもiPod用のUSBケーブルを使用して充電できます(左:モバイルクルーザー、右:Apple iPod USB 電源アダプタ)。上から見ると「Apple iPod USB 電源アダプタ」の方がやや小さいですが、横から見ると「モバイルクルーザー」は半分ほどの薄さです。

iPod_adaptor1.JPG iPod_adaptor2.JPG

娘はさっそく自分のノートPC(壊れたのではないもの)にiPod classicをつないで、同期してました。3000曲以上の音楽ファイルと、あらかじめ用意しておいた動画を入れてご満悦です。
(娘)電池の持ちもいいし、動画も観れる。もう、サイコー!」

私のようにグリグリいじくって(これ見よがしに)操作するのが好きなタイプには「iPod touch」が最適ですが、娘のように四六時中音楽と共に生きているようなタイプには「iPod classic」がベストチョイスです。iPod touchはそっと撫でたりつまんだりといった、繊細なタッチが必要ですからね。そこがまた、かわいくって。その辺りの経緯は、「iPod touch発表!母と娘それぞれの選択は?」へ。

9〜10月にかけて「iPod touch 16GB」「PS3 60GB」「iPod classic 80GB」と立て続けに、その他にも「ファミリーコンピュータ(AV対応)」やゲームソフト等いろいろたくさん購入してしまいました。「ああ、またやってもた!」状態の波が寄せては返します。こんな性格って、自然に治りませんかね。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー