お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

【ゲーム】TOKYO GAME SHOW 2007-『Devil May Cry4』&『METAL GEAR SOLID4』

2007/09/23 08:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

9月22日、娘と息子を引き連れ、東京ゲームショウへ行ってきた。そのレポートをお届けする。KONIMIブース内のイベント『METAL GEAR SOLID4 GUNS OF THE PATRIOTS』の詳細は明日、アップする予定(→こちらにアップしました)。 Devilmaycry4

さて、娘の目的はズバリ『Devil May Cry4』の試遊。あれ?去年も同じようなシチュエーションだったような..いつになったら発売されるんだろう? 2008年初頭

行く途中いろいろトラブルがあって(切符を買い間違えて乗り接ぎに遅れ、海浜幕張駅に着いたら息子の腹痛)到着が9:30に。それでもキッズコーナーから入場したので、10時頃には『Devil May Cry4』試遊の列に並べた。それから約1時間待ち。去年はPS3を試したので今年はXbox360にした。発売時にはレーティングに引っ掛かるのかもしれないけど、娘だけでなく息子も一緒に試遊させてもらい大喜び(ありがとうございました)。自宅にある『Devil May Cry3』では娘のプレイを隣で見ていただけだったが、実際に始めてしまえば何とかなるものだ。終了時には娘より約15秒遅れで追随していた。

娘はゲームオタクを自称しているが、いまだにうちはPS3Xbox360も購入していない。最近になってPS3ではなくXbox360にも惹かれ始めている娘は、今冬どちらを選ぶかで心が揺れ動いている。見た感じではどちらも光と影が織りなす美しい映像を表現していた(シロウト目には違いが分からないだけ?)。PS3では振動コントローラーが新たに発売されるとの発表があった。PS3に何か物足りなさを感じていた方にとって、これが決め手になるのかどうか。後は価格の問題か。とにかく、ビックタイトルが発売される冬?春にかけてがPS3の勝負どころだろう(あっ、ダメダメ、PS3でないと。よく考えたら、『METAL GEAR SOLID4』はPS3だけだもん)。

娘の感想を追記。
(娘)「いや、Xboxの方が若干映像が鮮明な気がする。くっきりした感じ。PS3はそれに比べると薄くモヤがかかったって言えばいいのかな。だからXboxの方が映像がきれいと言う人もいるけど、ま、ここら辺りは好きずきだと思うよ」
(娘)「ゲームシステムも去年とは違ってた。行ける所が増えていたのは当然だけど、魔方陣のようなマークの所から遠くの地点へ飛ぶことができるシステムが新しかったな」 Devilmaycry4_keyholder

にしても、何度見ても『Devil May Cry4』は超クールでかっこいい。試遊後はオリジナル・キーホルダー(クリスタルにレーザー刻印風でこちらも超クール)をもらえるので、ファンなら並ぶだけの価値はある。

次はコーエーへ移動。『真・三國無双5』の試遊はすでに90分待ちだったので、すっぱりあきらめて食事にした。そしてイベントステージへ。ゲームセンターCXの「レトロゲーム・アワード007」を見たかったのだが出遅れてしまい、後ろの方からでは息子には全くステージが見えず挫折、息子希望のキッズコーナーへ行くはめに。これで娘は燃え尽きてしまった..

Mgs_companion私はKOMANIの14:45からのステージ『METAL GEAR SOLID4 GUNS OF THE PATRIOTS』へ単独潜入。試遊は打止めでプレイこそできなかったが、MGS4の最新情報を獲得してきた。

KONAMIブース内での『METAL GEAR SOLID4』の試遊は、ある意味本格的である。COMMAND CENTERなるものが設置され、そこで実際に軍曹ら(?)によるブリーフィングが行われる。これは、従来の操作方法とかなり異なるので、それを補うために設けられたとのこと。操作を徹底的に叩き込まれてから、実戦に突入できるというわけだ。心憎い演出である。

『METAL GEAR SOLID4』を試遊すると、キャラクターたちの名ゼリフが見事な毛筆で描かれた「名ゼリフ扇子」(5種のうち一つ)を手に入れることができる。ファンなら喉から手が出るほどほしい一品だ。

とにかくゲームをプレイしてみたいという方は、SONYのブース内でもプレイアブル出展されているので、そちらに足を運んでみるといいかもしれない。ただし、どちらが混んでいるのかは確認した方がいい(どのゲームの列も「何分待ち」と表示されている)。また、au/KDDIのブースでは「メタルギアソリッドモバイル」が出展されている。こちらでは、特製ケイタイクリーナーを配っているので、要チェックだ。

Mgs_pamphletKOMANIブースでは豪華パンフレットを配布しているので、これだけでも手に入れておこう。小島秀夫監のありがたいお言葉や、MGS4に登場する美しい4人の女優たちのお宝写真も掲載されている。「3D against 3D」というMGS4 スリーディレクターによるトークも興味深い。朝4時起きして某所にて撮影したという写真付き。「売れないロックバンドのよう」とは、児島監督談である。このパンフレット、実に50頁もあって映画のパンフ以上の高級感があるシロモノだ。たくさんのチラシを配布してもゴミになるだけだが、このパンフレットには「ものづくり」ということをよく理解しておられる児島監督ならではのこだわりが感じられる。

『METAL GEAR SOLID4 GUNS OF THE PATRIOTS』の詳細は明日アップします。乞うご期待!

『DEVIL MAT CRY 4』公式サイト
KOJIMA PRODUCTIONS
KOJIMA PRODUCTIONS EVENT SITE 2007
『真・三國無双5』公式サイト

ITpro 2007/09/20
【東京ゲームショウ】ユーザーの声に耳を傾け振動コントローラを復活,SCEの平井社長が基調講演

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー