お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

【ゲーム】『メタルギア ソリッド ポータブル・オプス』と迷彩柄PSPを買って、小島監督サイン会に行ってきた

2006/12/25 03:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

PSP版『メタルギア ソリッド ポータブル・オプス』(以下、MPOと呼ぶ)発売の10日くらい前のこと。つくばのとあるゲーム店で、「小島秀夫監督のトークショーとサイン会開催(購入者50名限定)」というポスターを見つけた。私は既にネットショップで予約済だったのだが、こんなおいしい話を見逃すはずもなく、早速こちらでも予約を行った。予約していたのはPSP同梱の「プレミアムパック」。2つとも手に入れて、1つをオークションで売るという手もあるにはあるが、販売はいまだ未知の領域であるため(購入はたまに)、ネットショップの方は解約した。

「プレミアムパック」に同梱されるPSPは、なんと迷彩柄。しかも、この迷彩柄は1台ずつ異なっているという。他のカラーと違うのは、表面がすべすべなところ。指紋が付かないのがいい。PSPを収納するケースもオリジナルで、また、かっこいい。

Mpo_1 Mpo_2

コナミスタイルでは、さらに高級な「限定版」も発売中。こちらは、迷彩柄PSPに加え、ケースとストラップが本物の蛇皮。小島監督曰く「1匹の蛇から3枚しか取れない、一生もん」だそうである。実物を見せて頂いたが、これは紛れもないホンモノだった。税込39,690円と、値段はちとお高いが、大人の男性が持つにふさわしいアイテムと言えるだろう。
PSPはもう持ってるしなぁ、とおっしゃる方は、それこそ愛機をオークションで手放すという手もあるし。これは、ちょっと贅沢な自分へのクリスマスプレゼントとなる。

さて、12月23日サイン会当日、30分遅れで小島監督のトークショーが始まった。監督というイメージから、もっと気難しい方を想像していたのだが、実際の監督は多才なエンターティナーという感じで、とても明るく、ノリノリの方だった。「HIDECHAN!ラジオ」(スミマセン、聞いたことなかったです)でお馴染みの菊池由美さん(超カワイイ!)もご一緒で、とても楽しいひとときを過ごすことができた。

小島監督はMPOの特長を分かりやすく、また、実際にPSPを使って説明してくださった。おみやげは、監督の生サイン入りのポスター(500枚限定、監督曰く『プライベート・ライアン』風)と持参のデジカメでの記念写真。さらに、運のいい方には、もっとレアなポスター(監督曰く『バックドラフト』風)やTシャツ、サントラCDが当たったようだ。そうそう、バックの音楽が壮大で、またいいんだ、これが!

Mgs_1 Mgs_2 

MPOは、シリーズ中、PSP初のアクションゲームである。以前発売されたPSP版『メタルギアアシッド』と『メタルギアアシッド2』はアクションゲームではなく、トレーディングカードを使った戦術シミュレーションゲームだった。私はカードゲームには魅力を感じず、また、据え置き型のゲーム機で遊ぶ機会もあまりなかったが、PSPでプレイできる本格的なミリタリーアクションには強く惹かれてしまった。元々、ミリタリーものにはなぜか弱い。平和主義者であるにもかかわらず、軍事モノが大好きだ。仮想世界で思う存分闘えたら、どんなにか気持ちいいことだろう。このゲームこそ、私にとっては、まさにPSPキラーソフトとなった。

もちろん、『メタルギアソリッドシリーズ』(以下、MGSと呼ぶ)ファンの方にとって、このゲームは外せない一作であるのは間違いない。『MGS3』と『メタルギア』シリーズの第1作『MG1』との間を埋めるストーリーとなっており、これによりすべては1本の線となる。小島監督は、「年表を元に制作を進めたが、それでもつじつまが合わないところが出てくる。それがやっと一つにつながった」と、そのときの苦労を語っておられた。今回が初めてのMGSとなる私だが、このゲームを終える頃には、他のシリーズがやりたくてたまらなくなっていることだろう。
そして、PS3版『MGS4』がいよいよ来年登場予定。今、まさに制作の真っ最中とのこと。ますます、MGSから目が離せなくなってきた。

2006/12/26 『MG1』の作品名が間違っていたため、分かりやすいよう、簡単な年表を追加しました。申し訳ありませんでした。]

メタルギア年表

 1964年 メタルギア ソリッド3
 1970年 メタルギア ソリッド ポータブル・オプス
 1995年 メタルギア
 1999年 メタルギア2
 2005年 メタルギア ソリッド
 2007年 メタルギア ソリッド2
   ? 年 メタルギアソリッド4

詳しいレビューは、後日..

MGSを象徴するセリフを一つ。
「何のために闘う」という問いに、主人公ネイキッド・スネークはこう答える。

俺は俺自身の忠をつくす

ITmedia +D 2006/10/30
PSP初の特別限定色“迷彩”モデルが同梱――「メタルギア ソリッド ポータブル・オプス プレミアムパック」の中身

ASCII24 2006/12/25
「METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS」販売記念イベントで、秋葉原に小島監督現る

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー