お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オジサンにもよく分かるコミケ、レポートby 娘(後編)

2006/08/24 23:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

(前回の話はこちら

当日編

1975年に誕生したコミケは、今や3日間にも及ぶ大イベントとなった。このため、見たいジャンルが別々の日になってしまうという弊害もあるようだ。また、たとえ連日参加したとしても、すべての作品を見ることはもはや不可能である。年末に開催される冬コミも、昨年は2日間であったが、今年3日間に変わるらしい。参加者は年々増え続け、嬉しい悲鳴といったところだろうか。オタク文化の裾野は確実に広がってきている。

開催期間がお盆年末にかかるので、休みは取りやすいが、若い学生が参加するとなると、家族や親戚に白い目で見られることを覚悟しなければならない。実際、娘はこのコミケやらコンサートやらを優先したため、我々家族は7月に帰省をせざるを得なくなった(ご先祖様、ごめんなさい)。

毎回、ここでしか手に入らない作品というものが存在する。つまり、早いもの勝ちだ。制作者サイドでも、この年に2回のイベントに焦点を合わせて作品を仕上げているためだ。「とらのあな」や「アニメイト」などのマーケットに流通している作品もあるが、そこで手に入るとは限らない。人気作品は午前中に売り切れてしまうこともあるので、気をつけよう。 Comice70

さて当日、娘は7時半頃に家を出た。
ずい分、ゆっくり出かけたけど、大丈夫だったの?
(娘)「着いたのは10時前くらい。10時半には入場できたから、そんなに待たなかったよ」
じゃ、むしろ始発電車の方が待たされるわけね。
(娘)「たぶん。でも、人気サークルなんかに並ぶんだったら、早い方がいいかも」
徹夜は禁止されているので、長蛇の列といってもそれほど長時間待たされることはないようだ。とは言え、一刻も早く作品を手にしたいなら、迷うことなく始発電車を利用すべきだ。遠方から来場する方なら、宿泊先を用意するという手もある。

作品にはどんなものがあるのだろう。コミケカタログからジャンルを抜き出してみよう。

1日目
 東1・2・3地区
  アニメ(サンライズ・その他)
  ゲーム(格闘・その他)
  FC(ガンガン)
  鋼の錬金術師
 東4・5・6地区
  FC(少年・少女・青年)
  ゲーム(電源不要)
  オンラインゲーム
  ガンダム
 西1・2地区
  ゲーム(恋愛・RPG)
  スクウェア・エニックス(RPG)
2日目
 東1・2・3地区
  FC(ジャンプ球技・ジャンプその他)
  NARUTO
  ワンピース
 東4・5・6地区
  FC(小説)
  TV・映画・芸能
  特撮・SF・ファンタジー
  テニスの王子様
 西1・2地区
  音楽(邦楽・洋楽・男性アイドル)
  創作(文芸・小説)
  鉄道・旅行・メカミリ
  歴史
  スポーツ
3日目
 東1・2・3地区
  創作・アニメ・ゲーム(男性向)
  ギャルゲー
  Leaf & Key
  TYPE-MOON
 東4・5・6地区
  創作(少年・少女)
  創作・アニメ・ゲーム(男性向)
  学漫
 西1・2地区
  創作(JUNE)
  評論・情報
  同人ソフト

正直、これほど、ジャンルが多岐に渡っているとは知らなかった。

サークルでは同人誌自作ゲームなどを扱っているようだ。発表される作品は質の違いこそあれ、どれも皆力作ぞろいである。同人ならではの自由な表現を求め、多くの人々が集まってきている。何かを創作したいという欲求や、新しい創作物を見たい、手に入れたいという欲求は誰にでもあるもので、年齢には関係ないように思う。この欲求こそ、文化を生み出す根源的な力となっているのだろう。

(娘)「たまたま、好きなサークルさんのとこ通りかかったら、スケブ描いてもらっている人がいて、すんごいうらやましかった。もう、買った後だったんだけどね」
スケブって、何さ。
(娘)「スケッチブックのこと。持って行けばよかったなぁ」
サークルの方にお願いすれば、購入した記念にキャラクタを描いてもらえることがあるという。これはオタクにとっては、何より大切なお宝となる。

コミケブームに注目している企業も多い。アニメやゲーム関連の企業がコミケに出展するのは、かなり効果的なマーケッティング戦略となり得る。客層=来場者という図式が成り立つわけだから。さらなる集客のために、コミケ限定商品を販売したり、キャラクタをあしらった紙袋をおまけにしたりして、アピールを図っているのだ。その策略にわざと乗せられて、コスプレのお姉さんからキャラクタ商品を購入することも、また、楽しみの一つとなっている。

で、お目当てのモノ(同人誌)は買えたの?
(娘)「うん、いろいろと..」
そりゃ、よかったね。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー