お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

SL-C3200とW-ZERO3、どっち?

2006/04/14 23:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

そろそろリナザウから撤退か、という噂もちらほらするほど、このところW-ZERO3一色だったシャープ。われわれの憶測を見事に覆しての新機種発売。まさに、快挙と言える!!

SL-C3200は、英語学習に特化したPDAというふれこみ。なんと英語関連コンテンツは13本に及び、英文を音声で読み上げることも可能だ。では、英語が必要ない人には、どうだろう。値段はちょいお高いだろうが、ハードディスクは余裕の6GB内蔵。十分、ヨダレが出そうなスペックである。(とは言え、旧機種からのハードの変更はディスク容量だけ。わざわざ乗り換える必要はなさそう)。

さあ、これからPDAを始めようという方..機動力のW-ZERO3にするか、貫禄のSL-C3200にするか!?

ネットでは、やはりW-ZERO3に軍配が上がるだろう。何と言っても、無線LANPHS通信モジュール標準搭載は強い。私のようなカウチ族にとっては、ゴロリと横になってネットができ、しかも、真っ暗闇でもキーボードが光るというのは重要なポイントである。(ただし、シャンパン・シルバーは、キーの光り方にムラがあると、「価格.com」にて報告されている)。この点、リナザウは机が欲しくなってしまう。小型PCといったイメージだ。

ソフトに関しては、Windows Mobile搭載ということで、W-ZERO3の方が、ソフトの数は格段に多い。ただし、Windows Mobile 5.0に正式対応していないソフトも入れての数である。これからも増加することは間違いない。一方、リナザウのソフトは完成度は高いものの、ソフトの数はこれ以上、あまり増えそうにもない。まあ、いずれにしても、自分なりのキラーアプリがあるなら、それで選ぶというのもアリだ。例えば、英語を学びたい方、迷うことなくリナザウを買うべきだろう。 また、OSで選ぶという手もある。Linuxを勉強したいならリナザウ、新し物好きで Windows Mobile 5.0を触りたいならW-ZERO3だ。

音楽を聞くには、リナザウがいい。ハードディスクがあるものを選べば、SDカードやCFカードを使用せずに、音楽ファイルを保存できる。また、これは私の使い方にもよるのだが、車のダッシュボードに置くと、画面が見やすい。カーソルボタンで次の曲にできる。 iPodやW-ZERO3だと、操作するためには、手に持たなければならない(固定できる場合はこの限りではないが)。同じ理由で、動画鑑賞もリナザウの方が向いている。また、カノープスの動画変換ソフト「かんたん換太郎 for ZAURUS」も別売されている。ただし、ゴロッとなりながら動画を観たいなら、W-ZERO3の方がいいかも。

比較してみると、選択のポイントは「通信環境」「形状」「ハードディスクの有無」「ソフト」、「電話」「カメラ」辺りだろうか。はっきり言って、W-ZERO3は電話としての機能が弱い。特に、地域により繋がりにくい場所があるとか、ダイバーシティアンテナ非搭載のため移動に弱いといった通信関係の問題と、電話としての使い勝手が洗練されていないという点は了解した上で購入したい。もちろん、どちらの機種も触ってみての第一印象というか、使用感がよいかどうかを、自分の目と手で確かめることをお忘れなく!!(未だに、W-ZERO3にはなかなか触れないだろうけど..)

CNET Japan
シャープ、新型ザウルス「SL-C3200」--6GバイトHDD搭載し収録コンテンツ強化

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー