お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

iPhone 4…個人的にはマイナーアップデートな印象 -日本とアメリカの携帯電話事情の違い-

2010/06/08 11:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

木村英寛

Appleにまつわる様々な情報発信ブログとしてスタートしましたが、ジョブズが亡くなり意気消沈。しかしそうも言ってられない最近はApple以外の話題も書いています。
ブログ管理

最近のエントリー

 こんにちは、木村英寛です。

ついにiPhone4Gがベールを脱ぎました。ネット上に流出していた筐体の写真そのままのデザインに正直落胆しましたが、噂が出ている次期Apple TVにおいては、サプライジングな発表を期待しています。

 

 iPhone 4の変更点 

さて、iPhone 4ですが、3GSから変わった部分は以下のものが挙げられます。 

 

1. フロントカメラ搭載 → テレビ電話が可能(WiFiのみ)

2. ディスプレイの解像度が4倍に → おそらく電子ブックを読みやすくするためのもの

3. LEDフラッシュを搭載

4. カメラの画素数が5メガピクセル に向上

5. 720p 30fpsでのHDムービーの撮影が可能

6. プロセッサーとしてA4を搭載

7. バッテリー寿命が最大40%向上

8. スチールフレームによる筐体の強度アップ

9. サファイアクリスタルガラス採用により、フロント、バック両面の強度が従来の30倍に

10. 従来よりも25%薄くなっている(9.3mm)

11. 3軸ジャイロセンサー搭載 

 

※このほかに、iOS4(旧iPhone OS4.0から名前が変わりました)のインストールにより、ソフト面でマルチタスキングや速度向上など様々な恩恵が得られますが、これについては3GSでもある程度の機能は提供されるので割愛します。

列記してわかるように、主だった新しいハードウェアの搭載はされていません。iPhoneからiPhone3Gに移行するときに、デジタルコンパスやオートフォーカスなどの目新しい機能が追加された事を考えると、今回は既存のハードのアップデートが目立ったな…というのが個人的な感想です。

 

 

テレビ電話機能が今回の目玉 

特に、日本ではかなり前から提供されていた「テレビ電話機能(FaceTime)」を今回のアップデートの目玉と位置づけているため、日本人にとってはあまり目新しい感じがしないのではないでしょうか。ただしこのFaceTime、従来日本で提供されてきたテレビ電話と違いWiFiネットワーク上でのみ動作するようです。(AppleのWebsite上の注記に「FaceTimeを利用するには、発信者と受信者の両方にiPhone 4とWi-Fi接続が必要です。」と記載されています)これを吉と取るか、凶と取るかは微妙なところで、「どこでもテレビ通話できなきゃ意味がないじゃないか」という意見もあるでしょうし、「通話料がかからないんだから、モビリティはE-mobileやWiMAXで補えばいい」という意見もあるでしょう。僕は後者ですが、確かに一長一短な印象です。 

 

 

日本では目新しくなくても、アメリカでは革新的 

ではなぜこうしたことが起こるのでしょうか。これには日本とアメリカの携帯電話事情の違いが起因しているように思います。少し前ですが、CESにて発表された製品の中に、地デジを搭載した携帯電話(とはいえ、かなり大型ですが…)が出品されていました。また、米国CNETの番組では、どこでも地デジが見られるDVDプレイヤー程の大きさのデバイスが脚光を浴びていました。携帯で地デジが見られるのが当たり前な私たちにとっては、なぜ?と思ってしまうような製品ですよね。

このように、目にすると一部かなり時代遅れのように日本人が感じてしまうような製品が登場するのには、日本の携帯電話・通信市場が世界に群を抜いて成熟しているという事が深く関係しています。日本では、地デジをはじめとする多くの通信サービスがほとんど携帯に集約されてしまっているため、こうした製品は出てきません。しかし、アメリカではこうした機能は未だ携帯には搭載されておらず、通信網としてもようやく3Gが普及してきました。こうしたことからすれば、アメリカ人にとってiPhone4Gはまさに「革新的」な製品なのです。

一方で、日本企業からiPhoneを超えるユーザービリティを提供できるデバイスが出てきていないのも現状です。ここに、日本とアメリカの通信事情のパラドックスがあります。もしAppleが日本でのみ携帯を提供しようとすれば、世界で最も革新的なデバイスが誕生するでしょう。しかし、市場を考えればそうはいきません。世界の通信事情が日本(もちろん韓国などでも通信事情はアメリカより進んでいます)に追いつくか、日本の企業がiPhoneを超えるデバイスをリリースするまで、僕らはしばらくこのパラドックスに悩まされそうです。

 

 

すべてにおいて期待はずれ…?そんなことありません 

と、ここまでマイナスな事を書いてきましたが、実は期待している点もあります。 それは…

 

1. A4の搭載によって、Webブラウジングなどの従来の機能の体感速度が劇的に向上するのでは ないか。(iPadでは同じ3Gネットワークを利用していても、iPhone3GSとの間にかなりの速度差があります)

2. サファイアクリスタルガラスの採用で、「落として画面が割れちゃった!」人口が減るのではないか。(傷はついてしまうでしょうけど、落としたら画面が割れて、下半分が見えなくなっちゃったからアプリを全部上半分に移動してつかってるんだよ、という僕の友人にも朗報かなとw)

3. ようやく、バッテリー寿命が実用レベルになった……か?(iPhoneのバッテリー寿命が短いことは否めません。僕もeneloopのMobile Boosterが必携になっています。)

4. iOS4によるユーザビリティの大幅改善(3GSでも提供されると書きましたが、A4とiOS4の組み合わせで得られる恩恵は、たぶん3GSのそれを大きく上回っているでしょう。)

 

と、こんなところは期待しています。画面の解像度に関しても、たぶん実機を触ってみれば違いに気づくんでしょう。(正直、サイト上の動画では一切分かりませんが…苦笑)15日まで時間があるので、機種変更するかどうかはもう少し悩んでみようと思っている木村でした。

 

 

 

今回は、iPhone 4について私見を書いてみました。ご意見は是非Twitterの方からお寄せください! 


■木村英寛のTwitterはこちら→ http://twitter.com/hidek0724/ 

みなさん、フォローお願いします!^^ 

 

 

 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー