お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

結局は数学が出来ないことが問題なんじゃないか論(1)田母神問題編

2008/11/23 22:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

千ヶ崎 隆司

「君に」と言いながら、実際のところは自分の脳内をデフラグするために始めたようなブログです。 少しでも読んでいただいた方の役に立つような情報を書けたらと思っています。 ちなみにタイトルの由来はYMOの名曲から。 更新頻度を上げるために四苦八苦しております。申し訳ありません。 基本的に「エライ」人の間違いを考えることがテーマになっています。 ご意見等がありましたらtwitterアカウント「@tchiga_cnetj」まで。記事のソース等も貼り付けて行く予定です。
ブログ管理

最近のエントリー

陰謀論は、いつの時代もその事件に対しての情報の少なさや情報の信憑性が疑わしいとき、都市伝説的な様相を持ちつつまことしやかに語られます。そして、確証・確信が不確かであるからこそ人々の心をとらえます。また同時に、今まで見落とされてきた事実を再発見できると同時に、その事象に対する別の視点からのアプローチがあることにも気付かされます。

いつの時代も、人は陰謀論が大好きです。むろん私も大好きです。「JFK」は良い映画でしたし「LOOSE CHANGE」もなかなか興味深く見ることができました。

実はこの投稿は結構前から書いてはいたのですが、推敲していくほどに話が収拾のつかない方向になってしまい、というよりも風呂敷がどんどん大きくなってきてしまったので、とりあえず(1)ということにしました。

この投稿を書こうと思った動機の一つは「田母神問題」にあります。ニュースを見ているとつくづくいつから日本は個人の言論を弾圧するようになってしまったのか、と悲しく思います。それもマスメディアが率先して行っているというおかしな状況です。

そういえば、人前で宗教や在日朝鮮人、戦争、同和問題の話をすることがはばかられるようになったのはいつからでしょう。気がつけばそれらを人前で話すことはタブーになっていました。

ここは民主主義国家ですよね?

さて、田母神問題で良く出てくるキーワードがあります。「文民統制」と「言論統制」です。コメンテーターでもないただのニュースキャスターですら、「太平洋戦争は日本の侵略戦争であることは定説なのだから、あの論文はおかしい。自衛隊のトップであるのだから政府の方針に従わなくてはいけない。あのような思想は危険。言論統制が必要だ」などどのたまっています。

はい、ここで問題です。今のコメンテーターの発言でおかしなところがたくさんあります。それは何処でしょう。

答え。全部

とりあえず、上の発言が正しいと思う方はみんなが大好きwikipediaのこれこれでも覗いてください。それでも解らないのなら、ちょっと問題な気がします。

では、タイトルにある通り、なぜこれが数学的な問題なのかを数式を用いて解いてみましょう。

上のコメントから導きたい結論(解)は

文民統制=言論統制

です。

ようはこれを証明できれば良いわけです。

文民統制とは、民主主義国家の主権たる国民が軍隊を統制すること、最終的な決定権を持つということです。実際には、間接民主主義ですので、国民の代表たる国会、議員が統制することになるわけですが、我が日本国では国の長たる内閣総理大臣にその指令権、統帥権を与えることによって文民統制としています。

従って、以下の式が成り立ちます。

文民統制=民主主義の帰結

次に、言論統制とは統制している勢力(この場合は国)に不都合な見解を持つ事を禁止し、国民全体の思想を一定の方向に強制することです。これは、社会主義や共産主義の全体主義、さらには軍国主義国家が、異分子を排除することで、思想統一をすることで国家の安定を図るために使用されます。

よって、以下の式が成り立ちます。

言論統制=全体主義・軍国主義の帰結

よって、

文民統制=言論統制

であるならば

民主主義の帰結=全体主義・軍国主義の帰結

が成り..立...ち.....あれ?

あれ?あれれ?

はい、こんな回りくどい事をしなくても、お解りかと思いますが、真逆の思想をさも当然のごとく言っているのです。

これって、笑いどころですか?どうしてこんな事を平然と、言いのけることが出来るのでしょうか。不憫でなりません。

ちなみに、自衛隊イラク派遣が憲法違反であると判決が出た際に田母神氏は「そんなのかんけぇねぇ」とふざけ半分で言いましたが、確かに関係がないのです。何故なら自衛隊は「文民統制」下にある以上、独断での行動が行えないばかりか、いったん命令が下されれば、それに従わざるを得ないからです。そこには思想も何も関係がないのです。政府の決定に従う。それが文民統制下の軍(自衛隊)の取らざるを得ない、取ることの出来る事なのですから。

日本航空123便墜落事故の際、自衛隊が災害派遣命令がなかなか出ず、独自で出動した結果、命令違反・反乱の可能性ありとされ更迭されています。しかし、これが文民統制なのです。当時の自衛隊の置かれていた状況を鑑みれば当然であったと言えましょう。問題なのはその状況を作り出した世論、しいてはそれを煽っていたマスメディアであると言えます。

 さて、話を戻しますと、何故このような珍妙な理論がさも当たり前のように語られてしまうのか、考えてみると数学が出来ないからではないのか?と言う結論に達するわけです。

日本では、文系か理系かで人を区別する傾向がありますが、コメンテーター等を含め文系は圧倒的に論理的構造解明の欠如に由来する論理的思考に不足が感じられます。特に、社説など読めたモノではありません。あれにはさらにバイアスという自身の破綻した理論を正当であるように見せ掛けるやっかいなモノまで含まれていますから。

数学の基本は論理的構造の解明です。理論を破綻させないためには論理的構造が不可欠であり、それを実現するためには論理的思考が必要です。この、論理的思考を養うには数学が必要です。国語などの語学力ではありません。あれは文法・表現を読み取る技術です。

論理的思考の欠如は先のような、荒唐無稽な理論をも正当化してしまいます。これはとても危険なことです。

ここは民主主義国家です。憲法でも思想の自由は認められています。言論統制はもっとも行ってはいけない行為です。それではどこかの国と同じになってしまいますから。

とりあえず、まだまだ続きますがここでいったん終わりたいと思います。ちょっと考えれば解ることなのに、それに気がつかないというのは、とても恥ずかしいことです。

少し前に「マスゴミ」と呼ばれ続けて[ITPro]なる記事がありましたが、現実を見ないということ、見るために必要な知識を集めること、それを論理的に構築することが出来ていないのが解り、だからマスゴミなんだよ?と言いたくなる記事でした。

スルースキルを磨く前に、算数の勉強から初めて欲しいものです。

そんな訳で、なるべく早く(2)に続きます。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー