お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

無線LANを有効活用してみませんか?

2007/05/01 20:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

千ヶ崎 隆司

「君に」と言いながら、実際のところは自分の脳内をデフラグするために始めたようなブログです。 少しでも読んでいただいた方の役に立つような情報を書けたらと思っています。 ちなみにタイトルの由来はYMOの名曲から。 更新頻度を上げるために四苦八苦しております。申し訳ありません。 基本的に「エライ」人の間違いを考えることがテーマになっています。 ご意見等がありましたらtwitterアカウント「@tchiga_cnetj」まで。記事のソース等も貼り付けて行く予定です。
ブログ管理

最近のエントリー

今更になってしまうのですが、昨年末からfonというサービスが日本でも開始されたのをご存じでしょうか?
このサービスは「La Fonera」と呼ばれる無線ルータを購入し、参加者同士の間で無線LANを共有しようというものです。

BNCランキングで4月の無線LANルータカテゴリで販売シェア1位を獲得[参照]したそうで、一応時事ネタになるのかな、と思いますのでfonについて書いてみたいと思います。

fonはLa Foneraを購入し、登録することによって世界中にあるLa Foneraでどこでもインターネットに接続できるというものです。
ちょうど自宅で使っていたルータが壊れてしまったので、安価に無線LAN環境を構築するにはどうしたものか、と考えていた折にこのサービスを発見し、試してみることにしました。
年がら年中PCをネットに接続しているわけでもないし、回線を目一杯に使うことも現実的にほぼあり得ませんが、基本的にモデムとルータは24時間電源を入れたままになっているものですから、使っていない部分を提供することで外でもアクセスポイントが使えるのなら、一石二鳥というものだと思います。

FONは世界中でサービスの始まっているコミュニティで、メンバーはFoneroと呼ばれ、さらにいくつかの種類が存在します。

  • Linus(ライナス):La Foneraを所有し、無料でアクセスポイントを提供するFonero

  • Bill(ビル):La Foneraを所有し、有料でアクセスポイントを提供するFonero
    ※アクセスポイントの使用料から報酬を受け取ることができますが、自分がほかのFoneroのアクセスポイントを使用する場合は、使用料を払う必要があります。

  • Alien(エイリアン):La Foneraを所有せず、使用料を払うことでアクセスポイントを使用できます。

以上、3種類のFoneroがありますが、日本で提供されているのは「Linus」のみです。
Foneroになり、利用するにはLa Foneraを購入する必要があるということです。
さて、ここで心配になってくるのはセキュリティの問題です。他人に勝手に自分のプライベートネットワークに侵入されるのではないかという心配があります。
La Foneraはセキュリティ対策もしてありますので、安心です。
個人で使用するWiFiと公開されているWiFiは分けられており、個人で使用するWiFiはセキュリティ(WPA2)で暗号化されています。よっぽどのことがない限り、侵入はされないかと思います。むしろ、何も知らずに無線LANルータを購入して設置し、セキュリティを設定しないでそのまま使用していて、ただ乗り・侵入されている可能性もあるかと思います。あなたのご家庭の無線LANはセキュリティ対策をしていますか?
初めて使うPCでパスワードを求められることなく、接続できてしまう状態でしたら、とても危険です!また、ルータ自身のパスワードも変更していますか?デフォルトのままでいたら簡単に侵入されてしまいます!最近のBBルータは設置時に設定を求めるタイプが多いと思いますので大丈夫だとは思いますが・・・

La Foneraの設定はWinのみのだと簡単なのですが、我が家のPCの環境はMacOSXとWinXPが混在している状態なので、ちょっと手間取りました。

手間取った理由は2つあり、1つはMacOSX側でWPA/WPA2のミックスモードに対応していないこと、そして、WinXP側でWPA2に標準のUP DATEでは対応しないことです。

WPAモードやオープン(暗号化なし)モードで使用すれば簡単に接続はできますが、やはりより高度な暗号化であるWPA2を使った方が安全ですので、La FoneraをWPA2モードに変更し、WinXPをWAP2に対応させました。WAP2対応のモジュールはDownLoad Centerからダウンロードできます。

そのような感じで、現在も我が家のLa Foneraは順調に動き続けていますが、たまにLa FoneraのIP(192.168.10.1)で設定を変更したりした後に、MacOSX側から一時的に上手く認識してくれなかったり、本体をさわるとけっこうな熱さになっていたりと、ちょっと心配ですが、今のところ目立った問題もなく稼働しています。

もっとFONの輪が広がり、どこからでも無料でWiFiが利用できるようになるとすばらしいですね。ちなみにFONの接続できる場所はFON Mapsで確認できます(Safariは未対応なのは残念)。

FONではいろいろなイベントで無料配布や割引などを行っているので、無料で世界中でWiFiを利用できるチャンスです。

このようなサービスによってインターネット接続がもっと身近に簡単に、なおかつ安価・無料で利用できるようになるのはなかなかすばらしいことではないかと思います。

皆さんもFonに参加してみてはいかがでしょうか?

※私的な理由によりブログの更新が大幅に遅れてしまいました。関係者の方々や読んでくださっている方々に、ご迷惑をおかけしてしまいましたことを、この場を借りましてお詫び申し上げます。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー