お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ついにGREE Platformがオープンしました!

2010/07/02 10:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岡村 健右(けんすけ)

(株)ループス・コミュニケーションズ所属ソーシャルメディアコンサルタント。GREE「釣り☆スタ」、モバゲー「怪盗ロワイヤル」に代表される高収益をたたき出すソーシャルアプリ。激動のソーシャルアプリ最新情報を突撃インタビューを交えながらレポートします。
ブログ管理

最近のエントリー

CNETさんでも記事にされていますが

全世界で1億ユーザーへ--海外進出を狙うグリーの公用語は?

6/29にGREE Platformがオープンしサードパーティのゲームが40種類近くリリースされました。 

mixiアプリ、モバゲーオープンプラットフォームに続く大手SNSのオープンプラットフォーム化ですので大変注目されています。現時点でリリースされているゲームをまとめてみると(最下部の表)気になるポイントが3点ありました。

 ・サードパーティを絞って公開(今後パートナーは増えていくとのことです)

 ・GREE独自のゲームが半分くらい(mixi、モバゲーで出していないゲーム)

 ・有料ゲーム(据え置きor有料ダウンロード)のソーシャルアプリ版(○○ for GREE系)がある

 

サードパーティを絞って公開 

 サードパーティを絞って公開しているのは質の高いゲームで注目を集め、サードパーティを広く募ることと、先行して入っているサードパーティにとっては数の少ないうちからアピールできるメリットがあります。実際にゲームを探してみようとプレイした際にmixiやモバゲーはゲームの数が多すぎてなかなかお目当て(と思われる)ゲームに当たれませんが数が少ないと候補も少ないわけで選びやすかったです。とはいえ今後数が多くなればmixi、モバゲーのように選びにくくなるのでランキングを用意するのでしょうけど。

 

GREE独自のゲームが半分くらい 

GREE独自のゲームが半分くらいあるのは理由は特に思い当たりませんがmixi、モバゲーとの差別化を図るためにGREEさんが推奨されているのかもしれません。

 

有料ゲーム(据え置きor有料ダウンロード)のソーシャルアプリ版がある 

有料ゲームのソーシャルアプリ版も目につきましたが大手据え置きゲーム会社や携帯ゲーム会社(有料)の巻き返そうとする意欲がとても感じられます。既存のゲームタイトルを使ったソーシャルゲームはオンラインゲームほどなかなかうまくいっていませんが、個人的な意見としては有名タイトルをソーシャルゲームで使用してしまうと従来のゲームとのクオリティの差からユーザーが戸惑い(既にブランドのあるゲームがこのクオリティなのか)を感じてしまうのかと思っています。ですのでタイトーさんの「伝説の鍛治屋」などのように既存のタイトルを使わずにゲームメーカーのノウハウを使用し、かつソーシャルゲームのエッセンスを入れるほうが成功するかもしれません(ちなみにモバゲーの「伝説の鍛冶屋」に今、はまり中で鍛治ランク:25、探索レベル:125です)

GREE Platfom

View more presentations from 株式会社ループス・コミュニケーションズ Looops Communications,Japan.

3社そろったオープンプラットフォームですがこの3社のどこが戦いに勝つのか、それとも新しいプラットフォームが出現するのか引き続きウオッチしていきます。

関連記事

Yahoo! × モバゲー で Facebookを迎え撃つ(4/28)

GREEのオープン化でSNSオープン化戦争が激化〜「コネクト」と「オープンプラットフォーム」の違い〜(1/13) 

プロフィール

岡村 健右(おかむらけんすけ) (株式会社ループス・コミュニケーションズ
個人Twitter:@kensukeo (土日は競馬専用です)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー