CNET Japanブログ

Kenn's Clairvoyance

江島健太郎

2004年のアーカイブ

  • 肩書きと報酬とモチベーション

    「さまざまな憂鬱とわたし」と「生活空間向上委員会」からのトラックバック。まず、「さまざまな憂鬱とわたし」から。ここのオーナーmkusunokさんは、私よりも年下なのだけれども某世界一有名なIT企業で要職に就...

    2004-06-30 01:01:40
  • ピーターの法則と人事考課のジレンマ

    この一週間を振り返ってみる。ビザ申請の再チャレンジに関する準備、ASTERIAをIBMメインフレーム上で稼働検証したときの環境確認と案件対応、某著名企業のシステム部門トップの方との会食、XML界のグル・村田真さ...

    2004-06-26 23:49:33
  • 米移民局からのネガティブな回答(続報)

    続報。哀しいお知らせです。 昨日、正式にビザ申請が棄却されてしまいました。その理由は下記のようなものだそうです。 The record does not demonstrate that the organization is structured in such a way ...

    2004-06-17 21:55:24
  • 米移民局からのネガティブな回答

    6月1日のエントリ以降、日本側のカウンターパーソンをバイパスして米国側の弁護士と直接やりとりすることでかなりスピードが改善してきたビザ取得の手続きですが、また新たな問題が発生しました。 6月5日よりL-1...

    2004-06-16 02:32:41
  • クレイジーな思考回路を持つ

    前回のエントリに対してZopeジャンキー日記の桜井さんより素敵なトラックバックをいただきました。 リスクテイカー・変革者を評価する文化 / もっとクレイジーに さすが、自分で何かをやり遂げようと行動を...

    2004-06-11 04:47:01
  • 化学業界のeビジネス化に向けたCEDIの取り組み

    さる6月4日、化学業界のeビジネス標準の普及を推進しているCEDI(Chemical EDI Initiative)が、化学メーカーや商社などから300名弱の来場者を集めてフォーラムを開催した。 CEDI小委員会は石油化学工業協会(JP...

    2004-06-06 18:09:51
  • デスマーチ化するビザ取得手続き

    リニューアル以降、シリコンバレーへの赴任プロセスを主たる題材にすることにしていたのだが、あまりその手の情報を多く提供できていない。今更ではあるが、ビザ取得までのプロセスにおいては何かをやっている期...

    2004-06-01 19:43:22
  • データの連続性とプロセスの非連続性

    先日のエントリ「ベンダーに騙されないためにITを学ぶ」は、オフラインでの反響が大きかった。それだけ世間では「IT doesn't matter」的な閉塞感が漂っているということなのかも知れない。 今回取り上げたいのは...

    2004-05-29 03:21:36
  • バックアップのすすめ

    皆さんは、ハードディスクのデータをマメにバックアップしているでしょうか? 個人で手軽に使えるパソコンの登場以来、常に言われ続けてきたことでありながら守られないバックアップという常識、この重要性に...

    2004-05-24 20:54:30
  • アーキテクチャの価値を考える

    今週はXMLコンソーシアムのイベント、第3回XMLコンソーシアムWeekが開催されている。昨日は「SOA Day」ということで、SOA(サービス指向アーキテクチャ)をテーマとして様々な講演が行われた。私も午後の一コマで...

    2004-05-18 23:52:46
  • ベンダーに騙されないためにITを学ぶ

    今日(正確にはもう昨日だが)、我が社の重要顧客である京都のK社のYさんが東京に来られていて、お話しする機会を得た。Yさんとじっくりお話しするのは何年ぶりだったか、ともかく大変なご無沙汰であった。 IT...

    2004-05-15 01:51:03
  • コーポレートガバナンスの議論に思うこと

    梅田さんのBlogでGoogleのIPOに関する熱い議論が起きています。 ここでの一連のやりとりを見ていて、コーポレートガバナンスについて思うところがあるので書いてみます。(念のためですが、梅田さんご自身はコ...

    2004-05-07 21:31:28
  • TOCの理念に触れて

    この5連休に、エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)関連の本を6冊ほどまとめて通読した。 そのきっかけとなった名著「ザ・ゴール」を読み終わる頃、脳内パラダイムが...

    2004-05-06 01:44:28
  • 4月の終わりの徒然に

    今日で4月も終わりだ。 世間はゴールデンウィークに入ったためか電話が鳴ることも少ないし、今月に入ってから初めてのノー・アポイントの一日だった。 こういう静かな日には、じっくり頭を使って考え事をするこ...

    2004-04-30 20:07:51
  • ソフトウェアをビジネスにする組織の緊張感

    毎週月曜日はミーティングの日。朝から晩まで会議。 米国法人設立案件の進捗を弁護士に問い合わせているのだけれども、要領を得ない。レスポンスがあまり良くなくて弱ったなぁと頭の片隅で思いつつ会議に追われ、...

    2004-04-27 00:27:50

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]