お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

DEMO Fall 2010 その2 VeeBeam, Bitbop, Dyyno, Appr.tv 

2010/10/06 18:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

志村一隆

文系、理系に通じ、またビジネス、アカデミックでの経験豊富な新進気鋭アナリストが、国内、海外のテレビや新聞、雑誌、映画などのメディア、コンテンツの最新事情をわかりやすく解説します。
ブログ管理

最近のエントリー

at&t Mobile TV

今年のDEMOは、映像配信系のベンチャー企業が多数参加していた。

Veebeam → インターネットの動画をテレビで見られる(オーバー・ザ・トップ)機械を売っている。AppleTVやBoxeeがライバルだ。Veebeamが新しいのは、テレビと機械をつなぐ線が要らない点だ。WUSBという技術を使っている。普通の映像用の機材は99ドル。HD(より綺麗な映像)用は139ドル。AppleTVは99ドルだし、サムソンやLGのネットテレビは、こうした機能を内蔵している。。。

Dyyno

Dyyno →  P2P技術を使い映像配信のコストを低減させるサービス。Dyynoでいちばん面白いのは、Roku(インターネット配信の映画をテレビで見せる機械。59.99ドル)に自分のコンテンツを配信できる点だ。Rokuはネットテレビにも内蔵されている機種があるので、そのテレビを持っていれば、パソコンのカメラから遠いおばあちゃんのちのテレビに自分の元気な姿を見せられる。

阪神とか中日の3連発とかストーンズ72年ツアーのライブを見たいと思ってユーチューブを検索してもなかなか出てこないことが多い。これから、iPadやアンドロイドに映像コンテンツがアプリとしてのっかることになれば、自分の見たい映像を探すのにとても苦労する。「Discovery Problem (発見!)」と言う。

Appr.tv

そんなチャンネルが無い世界を先取りして、映像アプリの発見を助けてくれるサービスがAppr.tvだ。Appr.tvは、まだできたばかりで、サイトに行ってもなにもわからない。Rory Felton CEOは、以前は音楽レーベルThe Militia Groupを立ち上げ、ソニーに売却している。Rory氏にとって2社目の起業だ。こういう起業家の人をシリアル・アントレプレナーって言う。

そーいえば、この企業も見逃せない。


Bitbop → FOXが運営するモバイル専用の映像配信サイトで、大手テレビ局の人気番組をバシバシ流している。Hulu(フールー)のモバイル版だ。ただ、iPhoneでは見れず、アンドロイド端末でしか見られない。そして日本からサイトにアクセスしても見られない。

Bitbopが面白いのは、月額9.99ドルの有料モデルである点だ。フーループラス(iPadやネットテレビ用のフールー)も月額9.99ドル。Netflix (アメリカのTSUTAYA。宅配DVDとストリーミングサービスをしてる)は、月額8.99ドル。アメリカのインターネットの映像ビジネスは、有料への動きが強まっていて、月額10ドルくらいが今のところ値ごろ感みたいです。

ちなみに10ドルっていうと、スーパーで肉の塊が8ドルくらい。新作映画も10ドルくらい。アバクロのセールTシャツが10ドルくらい。ピザSmallサイズが18ドルでした。サンタクララってそんな街。

カリフォルニアの肉

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー