お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

スティーブ・ジョブズ死去--- この爆弾マークは修復できない

2011/10/06 00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

殿岡良美

幻の博覧会「世界都市博覧会」で、インターネットを応用した公共イベント企画をプロデュースしたことが、ネットでの活動の出発点でした。しかし結果はご存知の通り。あるいはその未完の記憶が満ち足りない思いを私に残してしまったのか、ネットという愛すべきも、摩訶不思議で捉えようのないものに惹かれ続けてきました。リアルとネットが激しい火花を上げている今日。CNETでは、あらゆる前提や先入観にとらわれない視点から、BigBang的なIT論を展開したいと考えています。
ブログ管理

最近のエントリー

ジョブズが逝った。覚悟していた日なのに堪え難い。

‎10年間もコンピュータ以外の本を買わなかった時代が。その間にジョブズの自伝を何冊買ったか数えきれない。バカ高いMacを無理してリースを組み、Appleのことならどんなことも聞き流さずに暮らしていた。ジョブズは追い出されAppleはどんどんダメになって行き破局の淵に。

いつかこの世界からAppleというブランドは消えてしまうのではとまで覚悟した。明日倒産してもおかしくない時代。出すもの全てがマトモに動かない。もうダメだと思った。世界はWindowsになる。今度生まれる時にはAppleが支配している世界に生まれたいと思った。でも奇跡が起きた。

世界にはAppleやジョブズを賞賛する声しか聞こえなくなった。こんな未来を想像しなかった。誰がジョブズを褒めても貶してもそれは違うと心の中で思う。世界中で何百万人もがそんな想いを持っていることだろう。「ジョブズはそんなじゃない」カリスマというのはそういうものだろうと思う。

「そんなにApple好きだったんですか?ジョブズ好きなんだ?」と今更に言われるだろう。違う。そんな言葉じゃない。好きとか嫌いとかそんな言葉で表せない。

ジョブズのことを知らない人がいる。嘆くツイートがあるけれど。ノープロブレム。世界が回ってる証拠だ。大嫌いだと言う人があれば、その人とも気が合うと思う。 ジョブズの大嫌いなところなら語り尽くせる自信もある。でも残念だ。もっと酷いことも沢山して欲しかった。

スティーブ。あなたらしくない。

人が自分に与えられた人生は当たり前の話だがその人だけのものだ。例えどんな偉大な人物の人生でもそれは他人の人生。それに自分を重ねることはクソだ。他の誰よりも彼こそがそう言うだろう。それはわかってる。でも今日1日だけは許して欲しい。明日か明後日か、限りなく近いうちには立ち直る。

あなたのいなくなったAppleを今後も愛せるだろうか。憎めるだろうか。どちらももう、難しいかもしれない。

この爆弾マークは修復出来ないが、僕はまだ砂糖水も売れずにそれでも生きていく。



※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー