お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ヱヴァケータイ「SH-06A NERV」、予約騒動の裏側

2009/06/05 23:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

石森 大貴

Webサービスやインフラ、セキュリティに触れながら気になる情報をお届けします。 ※旧「元現役高校生サーバー管理者の考察日誌」を改め、「isidaiの考察日誌」にしました。
ブログ管理

最近のエントリー

 

 

注:本記事はインターネット上の情報を基に執筆されたものであり,NTTドコモやその他関係するドコモショップ・各量販店などに事実確認は行っておりませんので予めご留意ください。

 

はじめに 

 NTTドコモとスタジオカラーがコラボレーションし,満を持して発表されたヱヴァケータイ「SH-06A NERV」。

 2万台限定の予約受付が開始された本日(6月5日)未明から筆者は某巨大掲示板の様子を窺っていたわけだが,午前4時ごろに秋葉原のヨドバシカメラには12人程度しか並んでいなかった様だ。若干気になったため友達を誘って朝に秋葉原のヨドバシカメラへ行った。

 

ヨドバシカメラでは… 

 到着したのは8時19分。そのまま勢いで列に並び整理券をもらった。そのまま仮予約をしたのだが,正直なところ,ドコモ側の契約担当者の態度があまり良くない。

 説明もあいまいだった。本人確認書類もコピーで大丈夫と発言。(規定では原本必須)

 

 ヨドバシカメラでは,朝の時点で予想よりもはるかに少ない規模の列で,店員側も違う意味で焦っていた。会場の空気は,今日中に完売するわけがないといった感じだった。

 

 このように筆者が急ぐわけでもなく,のんびりと列に並んでいる8時台は,嵐の前の静けさだったのかもしれない。 

 ほかのドコモショップでも長蛇の列を作った場所はほぼ無かったようで,一人で車中待機といった人も多かった。

 だが,ドコモショップに響く10時の時報と共にトラブルは起こった。

 

トラブルの始まり 

 全国のドコモショップが10時の時報とともに一斉に端末から予約処理を開始したのだが,ドコモのインフラ設備が脆弱だったためか,通信エラーやサーバーエラーが発生。予約が成功した人はほんの一握りで,ほかの予約者は,紙での仮予約となった人が大半であった。

 

 現在,予約用のサーバーは復旧しているらしいが,仮予約をドコモショップ側からキャンセルされた例も掲示板上で見受けられた。

 

 ドコモの発表では,「ご好評につき、限定予約台数に達したため、事前予約受付を終了させていただきます。」となっており,上限に達したと発表されているが,ドコモショップとの混乱を避けるために一時予約受付を中断したものと思われる。おそらく現在,ドコモ本社側が状況把握している最中であろう。

 

 ここで問題なのは,予定されていたドコモショップとビックカメラ・ヨドバシカメラ以外の量販店も予約受付を開始したことだ。本来は予約受付をする予定では無かった量販店でも予約を受け付けた。その結果,ドコモショップでは予約できないのに,量販店では易々と予約を完了できてしまう事態が発生。

 

 各ドコモショップもNTTドコモ本社にクレーム報告をしているだろうが,NTTドコモ側の今後の対応がどうなるかは現在未定のようだ。

 

サブタイトル 

 筆者はここで,もしかしたら,TVシリーズの新世紀エヴァンゲリオンのサブタイトル通りになっているのではないかという気がしてきた。

 

 使徒、襲来 → 客、襲来

 見知らぬ、天井 → 見知らぬ、エラー画面

 鳴らない、電話 → 鳴らない、予約確認電話

 雨、逃げ出した後 → 雨、量販店に逃げ出した後

 レイ、心のむこうに → 客、心のむこうに

 決戦、第3新東京市 → 決戦、EVASTORE

 人の造りしもの → 3万台限定の人の造りしNERVケータイ

 アスカ、来日 → 本部マネージャー、来店

 瞬間、心、重ねて → 客と店員、心、重ねて

 マグマダイバー → ドコモ苦情ダイバー

 静止した闇の中で → 静止したドコモ本社の中で

 奇跡の価値は → 10万円の価値は

 使徒、侵入 → 量販店、侵入

 ゼーレ、魂の座 → 本部、魂の座

 嘘と沈黙 → ドコモの嘘と沈黙

 死に至る病、そして → 発売中止に至る病、そして

 四人目の適格者 → 五人目の適格者(現NTTドコモ社長が4代目であることに由来)

 命の選択を → ドコモ、命の選択を

 男の戰い → 転売屋の戰い

 心のかたち 人のかたち → 企業のかたち 客のかたち

 ネルフ、誕生 → 増産NERVケータイ、誕生

 せめて、人間らしく → せめて、企業らしく

 涙 → 転売屋涙

 最後のシ者 → 最後の在庫

 終わる世界 → 終わる戦い

 世界の中心でアイを叫んだけもの → 世界の中心で「大変申し訳ございませんでした」を叫んだけもの

 

 以上,適当なサブタイトル変え…笑

 

さいごに 

 しかし,携帯電話の増産は難しいらしいので,実際に増産されることは無いかと思います。

 今後どのようにドコモが対応するのか全く不明ですが,仮予約でもしっかりと効力を発揮して欲しいと思います。

訂正 

「あ゛」としか言い様がないですが,7500台の増産が決定されました。

やってくれるわドコモさん><

僕の予見したタイトル通りになってしまいました Σ(´Д`lll) 

転売屋の方,お疲れさまでした。

予約された方,増産おめでとうございます^^ 

 

----訂正2

つか今思ったんだけど…どうせ増産するなら受注増産にすればいいと思うんだけど…まーそうも行かないのかな。

欲しかったのに予約日気付かなかった人,余裕あるだろうと翌日とかに行こうと思ってた人,15時以降に予約できなかった人。。。その人たちのことも考えると受注すべきだったような。。。 

 

-----訂正3

なんども追記入れて申し訳ないです。

結局のところ,これはドコモの思惑であって,僕らは仕組まれた子供達ということだったのでしょうか。

予約システムをダウンさせて,現状把握や予約制限をせずに紙での予約。2万台を超えることは想定済みで,増産も想定済み。

だとしたら,増産分の7500台(=7億5000万円分)もすでに増産の準備がされていた…というストーリーも見えてくる気がします。 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー