お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「ブラッディ・マンデイ」を考察する(06)

2008/12/15 00:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

石森 大貴

Webサービスやインフラ、セキュリティに触れながら気になる情報をお届けします。 ※旧「元現役高校生サーバー管理者の考察日誌」を改め、「isidaiの考察日誌」にしました。
ブログ管理

最近のエントリー

 

 更新が遅くなって申し訳ありません>< プライベートで色々と時間をとられてしまいました。そう言えば高木藤丸役の三浦春馬と僕の誕生日は2日違いみたいですね。1990年4月3日と1990年4月5日。前者が僕で後者が三浦春馬です。

 

 先日,lizanとサイバーディフェンス研究所へ行ってきました。公式サイトの「用語解説」を行っている松野さんや所長さん,他にもサイバーディフェンス以外の会社の方たちが集まっていて出迎えていただきました>< 色々お話を聞けたり見たりできたのですが,殆どがオフレコな内容なんですよね汗汗

 

 そうしてどんな記事を書くか悩んでいる間にCNET事務局からは早く更新してくれというメールが届いたり ,TBSの方も見てるから更新してあげてという話が聞こえてきたり…。汗汗

 

 ふと今日ブログの管理画面を見てみると,この『「ブラッディ・マンデイ」を考察する』 シリーズのアクセス数が156,661という数字に^^; もうすぐ16万アクセスですか〜。しかし,次回の放送で最終回を迎えますね Σ(´Д`lll) なんだか寂しいです。

 考察なんですが,あまり解説する内容が無いように思いますので掻い摘んで書いていきます。ネタバレご注意下さい。

 

ep07 Bluetoothジャック

 通常Bluetoothの伝達距離は約10m程度とされています。が,明らかに10m以上離れたコテージ内と敵の距離。通常のBluetoothではジャックできない距離でも,最近では100mの通信距離を実現するClass1のBluetoothアダプタが登場しています。しかもClass1のアダプタもこれまでのモノと同様にカナリ小さいタイプ。藤丸はClass1のBluetoothアダプタを使ったのでしょうね。(というかそれ以外の現実的な考えが浮かびません(笑))

 あとは通信されているBluetoothの端末アドレスIDを抜き出し,それらにペアリングを解除させるコールを発信します。(たしかfor構文で各端末に発信していたはずです。)解除したペアリングを今度は藤丸のアダプタにペアリングさせます。Bluetoothヘッドセットのペアリンクキーは大抵0000とか1234なんですよね^^;

 

ep09 電力線運搬通信

 通常,電力線運搬通信(以下PLC)は分電盤などにフィルターなどを設けずに使用する為,外部にも垂れ流しの状態となる可能性があります。しかしその対策としてHD-PLC規格ではAES128bit,UPAでは3DES168bitで暗号化しています。この暗号に介入し回線を利用するのは相当時間のかかる話なのですが,なんの障壁突破シーンもなく接続できています。また本当はPLC親機と子機は事前にお互いに認証してペアリングしておく必要がありますが,そのシーンもなかったのが残念です。製品によっては無暗号化,ペアリング不要の腐った製品もあるのでしょうか…。いや,規格化されているので暗号化しない製品はないはずなんです!!……汗 また普通はPLCの子機からLANケーブルなどが出るはずなのですが藤丸の使っているPCは電源コードのみが接続されていてLANケーブルなどは接続されている様子が見えませんでした。ここは疑問が残ります。PLC子機に無線LANのアクセスポイントが繋がれているのかとも思いましたが,妨害電波のせいでうまく通信できないような気がします。

 それと,澤北のメールの受信ボックスが表示されましたが,高木藤丸の一つ下のメール。差出人が「nyan-nyan」でした。澤北は設定上シングルマザーらしいので…一体誰とメールをしていたのでしょうか……(違

 

ep10にはクラック画面のシーンがなかったですね。そしていよいよ最終回のep11…。最終回なのでクラックシーンがたくさん登場する事を期待しますよ!

 

まとめ

 サイバーディフェンス研究所・セキュアスカイテクノロジー訪問,卒業試験,葬式,新生活の為の部屋探しなど自分にとっての大きな活動も一段落。

 今回の考察記事の品質が劣悪で本当に申し訳ないです>< また次回の記事にご期待下さい^^ それでは。

 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー