お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

市場環境の変化で、明暗が分かれる

2004/08/13 22:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

翻訳記事デスク

CNET Japanで取りあげた海外記事を中心に、その日の出来事が1分間でわかるサマリーをご用意しました(このブログの更新は2005年7月29日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

 今日は各社の決算発表が相次ぎました。

 まず、例年より前倒しして発表を行ったHP。わるい知らせは早めに出して、さっさとアク抜きしてしまえという意図でもあったかと思わされる決算内容となり、実際にさっそく経営幹部のクビをすげ替えるなど、深刻な事態となっている模様。

 「仮想敵」のひとつとされるDellが順調に業績を伸ばし、また別のライバルであるIBMでも新規採用予定者の数を積みましている点などを考えると、HPの苦戦ぶりがさらに際だつように思えます。そんな同社も前四半期には過去最高の売上を記録していたわけですが、これはそれだけ環境に恵まれていたということだったのでしょうか。

 しばらく前に話題となっていた、例の「アダプティブエンタープライズ」のビジョンをはじめとして、折りにつけ「わかりにくさ」が指摘されていたHPの戦略ですが、有り体な言い方をしてしまうと顧客の求めるもの--というより、むしろ競合他社の提供しているものは、すべて揃えるといった行き方が、市場の減速--それが単なる「小休止み」かどうかは、後になってみないと分かりかねるところでしょうが--に直面して立ち行かなくなりつつあるのかどうか。「これはHP固有の問題」とする記事も上がっていますが、やはり市場全般の動向と合わせて、注目していきたいところです。

 次に、年間売上600億ドルを目指してまっしぐらのDellの勢いは、減速どころか、逆にどんどんと加速しているようで、売上・利益共に前年同期比20%台の伸びだそうです。まさに「一芸に秀でた」もののわかりやすさが強みに転化しているといった感があります。

 さて、先日来ごたごたとした人の動きが伝えられていたBEAでは、それでも売上・利益ともに増加したとか。ただし、順調であればリストラはないはずで、これも状況に助けられたというところでしょうか。もっとも、その点は本人たちが一番よくわかっているところなのか、「いま、まさに生まれ変わろうとしている最中だ(から、結果が出るのはもう少し先のことになる?)」といった趣旨のCEOのコメントも見られます。

 もう1つ、IPOを目前に控えて、ここのところネガティブな(取りあげられ方の)話題ばかりが立て続け・・・といった感のあるGoogleですが、この状態ではどんなものでもニュースになるのか、今日もまた1つ(と、おまけでもう1つ)関連記事が上がっています。IPO申請の直前に共同創業者の2人が、実はPlayboyとインタビューを行っていて、それがちょうどいまのタイミングで公開されるという話で、この背景には例のSalesforce.comのIPO一時延期などの件があるのかと思われます。が、実際に抜粋記事などを見てみると、取り立ててヤバそうな箇所も見あたりません・・・こういうものまでメシの種にしてしまえる貪欲さ(?)に、身内のことながら複雑な思いも浮かんできます。

 なお、GoogleのIPO(のオークション)は今夜、米国時間13日に実施になるとのREUTERの報道がありましたので、いよいよこの件を週明けにはお伝えできるかと思います。

 今日の海外ニュースはざっとこんなところです。
いよいよ五輪も開幕し、来週は世間もその関連の話題で一色・・・といったことになるかと思われますが、News.comでもさっそく五輪にちなんだ話題を用意しているようです。どうかお楽しみに。

それでは、良い週末を。

(翻訳記事デスク)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー