お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

多数の改善と共に「Parallels Desktop 5 for Mac Build 9308」

2009/12/26 14:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

Parallels Desktop 5 for Mac

※当エントリは「Parallels Desktop for Mac」の英語版に言及しておりますので、日本語版を御利用の方は御注意下さい。

Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」を対象としたアップグレードリリースとして米国時間11月4日付にてGAリリースを迎えている「Parallels Desktop 5 for Mac」に、米国時間21日付にて最新版に相当する「Parallels Desktop 5 for Mac Build 9308(英語版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています。

この度リリースされた「Parallels Desktop 5 for Mac Build 9308(英語版)」における主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • USBマスストレージデバイス利用時におけるパフォーマンスを改善
  • Ver.4.0からマイグレートされた仮想マシン(「Windows Server 2003」或いは「Windows XP」がインストールされ、且つ「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessing、仮想対称型マルチプロセッシング)」を通じて複数のコアが割り当てられた仮想マシン)を起動した際に、クラッシュする(「BSOD」が生じる)ケースが確認されていた問題を修正
  • 「Windows 2000」がインストールされ、且つ「Intel EPT(Intel Extended Page Tables)」に対応した仮想マシンを起動した際に、ブラックスクリーンが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • 複数のモニタが割り当てられた仮想マシンにおけるサスペンドからのレジュームを改善
  • アプリケーション切り替え時に偶発的に発生し得たキーボード関連の問題を修正(「Coherence」或いは「Crystal」モード利用時に発生し得た問題)
  • 共有フォルダを通じたファイルアクセスのパフォーマンスを改善
  • USB to DVI/VGAアダプタドライバがインストールされ、且つマルチモニタが構成された仮想マシンにおいて「Coherence」或いは「Crystal」モードへの切り替えを行った際に発生し得た問題を修正
  • 「Windows 7(ゲストOS)」利用時に発生し得た、タイムゾーンの同期に関連した問題を修正
  • Linux(ゲストOS)サポートの改善。ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」が「Fedora 12(ゲストOS)」における「Xorg 1.7」を試験的にサポート
  • 「Parallels Tools」が「Mandriva 2010(ゲストOS)」を試験的にサポート
  • 「OpenSUSE 11.1(ゲストOS)」においてインストレーションメディアを自動検出可能に
  • 「Ubuntu 8.04 LTS Hardy Heron(x64、ゲストOS)」を対象として「Express Installation(簡易インストール)」を実行した後に、当該ゲストOSが適切に起動する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Topogun 1.05」を動作させた際に、スクリーンが明滅するケースが確認されていた問題を修正
  • デスクトップ環境として「Gnome」における一部の版を使用したLinux(ゲストOS)において、マウス等の右クリックが適切に動作しないケースが確認されていた問題を修正
  • Linux(ゲストOS)に対して「Parallels Tools」の再インストールを実行した際に、ハングアップするケースが確認されていた問題を修正
  • 一部のApple製コンピュータにおいて、GUIコンソール(Parallels Desktop)の起動に一定以上の時間が要されていた問題を修正
  • 一部のマシンにおいてフルスクリーンモードへの切り替えを行った際に、アーチファクトが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • 「VoiceOver」が有効化された環境において「Crystal」モードへの切り替えを実行した際に、アプリケーションがクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • 「Virtual Machines List」が閉じられていない状態から「Dock」アイコンを通じて「Parallels Desktop」の終了を行った際に発生し得た問題を修正
  • 「Crystal」モード利用時に、一部のダイアログボックスがバックグラウンドに留まるケースが確認されていた問題を修正
  • ホストOSとして「Mac OS X 10.4 Tiger」を使用した環境において、「Parallels Desktop」が起動時にクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • ホストOSとして「Mac OS X 10.4 Tiger」を使用した環境において、USBデバイス接続時に発生し得た問題を修正
  • 3Dグラフィックス、及びビデオ関連の改善。Windows 7/Vista(何れもゲストOS)を対象としてビデオ再生時のパフォーマンスを改善
  • Intel GMAX 3100/GMA 950グラフィックスアダプタを伴うホストコンピュータ(「MacBook」「Mac mini」における一部のモデル)を対象としたデフォルトにて「Windows Aero」を利用可能に
  • 仮想マシンにおいてVSync(Vertical Synchronization、垂直同期)を構成可能に
  • 「Virtual SMP」が有効化された仮想マシンにおいて「Windows Aero」を利用した際に、ブラックスクリーンが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • NVIDIA製グラフィックスカードを伴うシステムにおいて「Battlestations: Pacific」を動作させた際に発生し得た、ヴィジュアル関連の問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Mirror's Edge」を動作させた際の3Dグラフィックスパフォーマンスを改善
  • ゲストOSにおいて「Autodesk AutoCAD」を動作させた際に、テクスチャが適切に描画されないケースが確認されていた問題を修正
  • 「Windows XP(ゲストOS)」において「Autodesk Inventor」を動作させた際に、ゲストOSがクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Torchlight」を動作させた際に、クラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Microsoft Train Simulator」を動作させた際に、クラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Mass Effect」を起動した際に、クラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Unreal Tournament 3」を動作させた際に、偶発的にクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • マルチモニタ環境にてフルスクリーンモードを利用した際に発生し得た、「OpenGL」アプリケーションの起動に関連した問題を修正
  • ゲストOSにおいて「Final Fantasy XI」を動作させた際の互換性を改善
  • ゲストOSにおいて「Anatomage InVivo」を動作させた際に、イメージが適切に描画されないケースが確認されていた問題を修正
  • 「Windows 7(ゲストOS)」上の一部のビデオプレーヤにおいて発生し得たクオリティ関連の問題を修正
  • P2V(Physical to Virtual)/V2V(Virtual to Virtual)マイグレーションツール「Parallels Transporter」の改善。「VMware Fusion」からマイグレートされた仮想マシンにおけるパフォーマンスを改善
  • 「VMware Fusion 3.0」からコンバートされた仮想マシン(ゲストOSとして「Windows 7」がインストールされた仮想マシン)において、「Windows Aero」が無効化されるケースが確認されていた問題を修正
  • コンピュータ間を接続するためのUSBケーブル「Parallels High Speed USB Transfer Cable」を通じたマイグレーション実行時に発生し得た問題を修正(ソースコンピュータにおけるUSBポートに「USB 1.1」が用いられているケースにおいて発生し得た問題)
  • And many others...

2項目に挙げられている「Windows XP(ゲストOS)」起動時等において発生し得た「BSOD」関連の問題は、クリティカルな問題としてPTN(Parallels Technology Network)等を通じてアナウンスされていた問題の修正を意味しています。また、Intel GMAX 3100/GMA 950グラフィックスアダプタを伴うホストコンピュータにおいて、「Build 9220」ではブートフラグ(「Virtual Machine Configuration」>「Hardware」>「Boot Order」>「Boot flags」)に「video.dx_profile=6」値を指定する事によって「Windows Aero」を利用する事が可能となっていましたが、この度リリースされた「Build 9308」では当該環境においてもデフォルトにて利用する事が可能となっています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー