お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Snow Leopard」に対応した「Parallels Server 3.0 for Mac Build 4915」

2009/10/17 14:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

先月下旬のリリース情報で恐縮ではありますが、Mac OS Xベースのサーバ仮想化ソフトウェア「Parallels Server for Mac」に「Snow Leopard」対応等を主目的とした大幅な機能強化が行われていますので、変更点の概要等を簡単に纏めてみたいと思います(当エントリは「Parallels Server for Mac」の英語版に言及しておりますので、日本語版を御利用の方は御注意下さい)。

Mac OS Xベースとしては初となるサーバ仮想化ソフトウェアとして昨年6月中旬にイニシャルリリースを迎えた後、3月下旬からは日本語版の提供等も開始されている「Parallels Server for Mac」に、米国時間9月24日付にて最新版に相当する「Parallels Server 3.0 for Mac Build 4915(英語版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています。

この度リリースされた「Parallels Server 3.0 for Mac Build 4915(英語版)」における主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • 「Parallels FastLane」アーキテクチャを採用し、仮想マシンにおいて最大12コア(12way)の「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessing、仮想対称型マルチプロセッシング)」に対応
  • 仮想マシンに対して最大64GBのRAM容量を割り当て可能に
  • 「Intel EPT(Intel Extended Page Tables)」「Intel FlexPriority」をサポート
  • 「Mac OS X Server 10.6 Snow Leopard」をホストOSとしてサポート
  • 「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」をホストOSとしてサポート
  • インストール後に要されていたホストOSの再起動が不要に
  • 「Windows 7」をゲストOSとしてサポート
  • 「Mac OS X Server 10.6 Snow Leopard」をゲストOSとしてサポート
  • 仮想マシンにおいて最大16基の仮想ネットワークアダプタを利用可能に
  • 仮想マシンにおいて最大8台のUSB 2.0 High-Speed/1.1デバイスをサポート
  • 「Parallels Tools」の改善。Linux(ゲストOS)を対象として動的なカーネルモジュールをサポート(DKMS(Dynamic Kernel Module Support))
  • Mac OS X Server/Linux(何れもゲストOS)を対象として共有フォルダをサポート
  • Linux(ゲストOS)を対象としてクリップボード共有をサポート
  • ホストOS、ゲストOS双方に対してリムーバブルメディアを自動マウント可能な「SmartMount」を実装
  • 任意の状態に保存された仮想マシンを任意のタイミングにて復元可能なスナップショットを実装
  • 一定のインターバルにてスナップショットを自動作成可能な「SmartGuard」を実装(定期的にスケジューリング可能。「VMware Fusion」における「AutoProtect」に相当)
  • セッション中に加えられた変更の適用、或いはロールバックをゲストOSシャットダウン時に任意に選択可能とする「Safe Mode」を実装
  • And many others...

その他、「Parallels Server」のGUIコンソール「Parallels Management Console」も「Build 4915」にアップデートされており、同コンソールは「Parallels Server for Mac」に同梱されている他、公式ダウンロードページを通じてMac OS Xを対象とした単体パッケージも入手可能となっています。また、既知の問題点を含むその他の詳細がリリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

※「Parallels Server」関連ではその他にも、Bare MetalアーキテクチャをベースとしたType 1 ハイパーバイザ「Parallels Server Bare Metal」も「Parallels Server 4 Bare Metal」としてイニシャルリリースを迎えています。

追記(2009/10/23)

米国時間2009年10月22日付にて、Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac(英語版)」も「Build 3848」にアップデートされています。

「Build 3848(英語版)」では主だった新機能の追加等は行われておらず、22日付にてリリースされた「Windows 7(ゲストOS)」との互換性改善(ユーザプロファイルの共有を実現する「Shared Profile(共有プロファイル)」を有効化した際に発生し得た問題等を修正)等を主目的としたメンテナンスアップデートとして位置付けられています。また、既知の問題点を含むその他の詳細がリリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー