お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「VMware Fusion 2.0.4 Build 159196」と「VirtualBox 2.2」

2009/04/12 00:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

何れも先週のリリース情報となりますが、デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」と「VirtualBox」に各々アップデートが行われていますので、採り上げてみたいと思います。

VMware Fusion 2.0.4 Build 159196

米国時間2日付にて「2.0.3 Build 156731」がリリースされて間もないMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」に、米国時間9日付にて最新版に相当する「VMware Fusion 2.0.4 Build 159196」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて日本語含む7言語に対応したバイナリパッケージが入手可能となっています。

この度リリースされた「VMware Fusion 2.0.4 Build 159196」はセキュリティ関連の修正等を主目的としたメンテナンスアップデートとして位置付けられており、仮想マシンにおけるクリティカルな脆弱性により、(ゲストOSから)ホストOSにおいてコードの実行等が引き起こされ得たとされる脆弱性(CVE-2009-1244、VMSA-2009-0006)の修正等が行われていると伝えられています(修正されたセキュリティ関連の問題は「2.0.3 Build 156731」固有の問題ではなく、「2.0.2 Build 147997」以前のビルドにも影響するとの事です)。

Sun VirtualBox 2.2(正式版)

一方、マルチプラットフォームデスクトップ仮想化ソフトウェア「Sun VirtualBox」を対象としたアップデートリリースとして先月中旬よりテストリリースが開始されている「Sun VirtualBox 2.2」ですが、この度米国時間8日付にて同仮想化ソフトウェアのGA版がリリースされ、現在VirtualBoxによる公式ダウンロードページを通じてMac OS X、Windows、Linux、Solaris(OpenSolaris)を対象としたバイナリパッケージ、及びGPL 2に準拠したソースコード(VirtualBox Open Source Edition)が入手可能となっています。

一連のテストリリース(「Beta 1」〜「Beta 2」)を通じた「Sun VirtualBox 2.2」における主な特徴として以下の項目等が示されています(Ver.2.1.4からの主な変更点となります)。

  • 仮想マシンフォーマットにおける標準規格「OVF(Open Virtualization Format)」アプライアンスのインポート、エクスポートに対応(DMTFによって標準化が進められ、VMware、Microsoft、Citrix、Dell、HP、IBM等が策定に参画している仮想マシンフォーマット「OVF」は、米国時間3月23日付にてVer.1.0のリリースがアナウンスされています)
  • 新たに「Host-only Network」が利用可能に
  • 「VirtualBox 2.2」における「Host-only Network」

    ↑「Sun VirtualBox 2.2」における「Host-only Network」(クリックで拡大します)

  • 大幅なパフォーマンス向上を齎すべくしたハイパーバイザの最適化
  • 64bitホストOS上に構築された仮想マシンに対して最大16GBのRAM容量を割り当て可能に
  • 「Intel VT-x」「AMD-V」をデフォルトにて有効化
  • USBコントローラをデフォルトにて有効化
  • OpenSolaris版においてUSBを試験的にサポート
  • Solaris、OpenSolaris(何れもゲストOS)において共有フォルダが利用可能に
  • Linux、Solaris(ゲストOS)において「OpenGL」を通じた3Dアクセラレーションに対応
  • Appleによる次世代オペレーティングシステム「Mac OS X 10.6 Snow Leopard(ホストOS、プレリリースビルド)」に対する試験的な対応
  • And many others...

Ver.2.2における新機能ではありませんが、Jonathan Schwartz, CEOによる公式ブログには「VirtualBox」における今後の指針の一つとして、今年後半を目処としたクラウドへの対応予定等も示されています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー