お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

VMwareによるモバイル仮想化プラットフォーム「VMware MVP」

2009/03/18 17:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

本日は未明にプレビューが行われた「iPhone OS 3.0」関連のニュース等が各方面で報じられていますが、当エントリではTrango Virtual Processorsの技術をベースとし、VMwareラインアップの一部としてリブランドされているモバイル仮想化プラットフォーム「VMware MVP」に関連した話題を採り上げてみたいと思います。

先月下旬に仏国カンヌにて開催された「VMworld Europe 2009」では、VMwareによるモバイルハイパーバイザ「VMware MVP(VMware Mobile Virtualization Platform)」のデモンストレーションが同社ブース等において行われていましたが、当時の様子を収録したデモンストレーションムービーがYouTubeを通じて公開されています。

以下のムービーには、「Nokia N800」上で「Windows Embedded CE 6.0」と「Android」を切り替えて動作させている様子等が収録されています。


※上記デモンストレーションムービーは、Mike DiPetrillo氏(VMware)による個人ブログにおいても採り上げられています。

各種モバイルデバイスに組み込むべくしたソフトウェアレイヤとして昨年11月上旬に発表されている「VMware MVP」は、現時点においてWindows CE 6.0/5.0、Linux 2.6.x、Symbian 9.x、eCos(embedded Configurable operating system)等がサポートされると伝えられています。また、ベンダに対しては移植コストの削減や開発期間の短縮、エンドユーザに対しては同一デバイスにおける複数環境の使い分け、及び対応デバイス間における環境移行の容易さ等のメリットが各々享受されるであろうと伝えられています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー