お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「VirtualBox 2.1.2」リリース

2009/01/24 14:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

昨年12月中旬にリリースされたアップデート相当のVer.2.1において、Mac OS X版における「Intel VT-x」のサポート、及びWindowsゲストにおける「OpenGL」の試験的サポート等が行われているマルチプラットフォームデスクトップ仮想化ソフトウェア「Sun xVM VirtualBox」に、米国時間21日付にてメンテナンスアップデートに相当する「Sun xVM VirtualBox 2.1.2」がリリースされ、現在VirtualBoxによる公式ダウンロードページを通じてMac OS X、Windows、Linux、Solaris(OpenSolaris)を対象としたバイナリパッケージ、及びGPL 2に準拠したソースコード(VirtualBox Open Source Edition)が入手可能となっています。

この度リリースされた「Sun xVM VirtualBox 2.1.2」における主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • 新規仮想マシン作成時におけるOSタイプとして「Windows 7」を指定可能に(「Windows 7(64bit)」も指定可能)
  • 「Windows 7 Beta(ゲストOS)」に対して「Guest Additions」をインストール可能に
  • 2GB以上のRAM容量を割り当てた「Windows 7 Beta(ゲストOS)」が適切に起動する事ができないケースが確認されていた問題を修正(「Intel VT-x」或いは「NP(Nested Paging、ネステッドページング)」利用時に発生し得た問題)
  • CPU仮想化支援「Intel VT-x」利用時におけるVGAパフォーマンスの改善(Mac OS X版)
  • 「Intel VT-x」利用時に、回復する事ができないエラーが発生するケースが確認されていた問題を修正(Mac OS X版)
  • 「Intel VT-x」利用時に「Novell Netware 4.11(ゲストOS)」が適切に起動する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • GUIを通じた新規仮想マシン作成時に、ホストOSが認識するRAM容量の75%までを仮想マシンに対して割り当て可能に
  • Linux、Solaris版において、クリップボード共有に関連した安定性を改善
  • 仮想マシンウインドウを適切にリサイズする事ができないケースが確認されていたVGA関連の問題を修正(Ver.2.1.0におけるレグレッション)
  • Linux版において、ATAPIパススルーが適切に動作しないケースが確認されていた問題を修正
  • Ver.2.1.0にアップデート後、Windows版において「Port Forwarding」が適切に動作しないケースが確認されていた問題を修正
  • Windows版において、Rawディスク/パーティション(Serial ATA)を適切に認識しないケースが確認されていた問題を修正(Ver.2.1.0におけるレグレッション)
  • シリアルポートに対するサポートを追加(Solaris版)
  • 日本語キーボードに対するサポートを改善(Solaris版)
  • Solaris版におけるバイナリパッケージを64bit/32bit版を統合した単一のパッケージ(x86/amd64)として提供
  • Mac OS X版において、「Dock」アイコンにおけるリアルタイムプレビューを無効化するためのGUIオプションを追加(ゲストOSにおいて3Dアクセラレーションを利用した際のCPU使用率の低減等に貢献)
  • 「Dock」アイコンにおけるリアルタイムプレビューを改善(Mac OS X版)
  • 共有フォルダ内のファイルにアクセスした際に、「Windows 2000(ゲストOS)」がフリーズするケースが確認されていた「Guest Additions」関連の問題を修正
  • Linux(ゲストOS)において「X.Org Server 1.6 RC」に対する試験的サポートを追加(Guest Additions)
  • And many others...

「Windows 7 Beta」はゲストOS、ホストOS双方において利用可能となっていますが、何れもBeta版としてのサポートとなりますので利用される際には御注意下さい。

「VirtualBox 2.1.2」、OSタイプとして「Windows 7」を指定可能

↑「Sun xVM VirtualBox 2.1.2」、新規仮想マシン作成時におけるOSタイプとして「Windows 7」を指定可能(クリックで拡大します)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー