お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Server for Mac」と「Parallels Desktop 4.0」

2008/12/04 16:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

実際の利用シーンにおいて両仮想化ソフトウェアを同一システム上にて運用するケースは多くはないと思われますが、「Parallels Server 3.0 for Mac」と「Parallels Desktop 4.0 for Mac」を同一システム上にインストールして利用する事が可能かどうか、Parallels社に問い合わせてみましたので採り上げてみたいと思います。

結論としては、「Desktop 3.0」と同様、「Desktop 4.0」も「Server 3.0」と同一システム上にインストールして利用する事はできないそうです。これはParallelsによるディスパッチャサービス(prl_disp_service)が、現時点ではサーバ、或いはデスクトップ何れかのモードで動作するように設計されているため、「Server 3.0」と「Desktop 4.0」が共存した環境ではシステムレベルでの一貫性が損なわれるケースがあるとの事です(2種のディスパッチャサービスを共存させる事は理論上不可能ではないものの、容易な作業ではないそうです)。

尚、「Parallels Management Console(「Parallels Server」のGUIフロントエンド)」と「Parallels Desktop 4.0 for Mac」の組み合わせであれば、同一システム上にインストールして利用する事が可能であるとの事です。前記に従えば、「Desktop 4.0」を利用する傍らで「Management Console」を用いてサーバをモニタリングする、といった用途も考えられるのではないかと思われます。

※当エントリは米国Parallelsのスタッフより頂いた回答に基づいていますが、何れも非公式な場で得た情報となります。今後のバージョンアップで仕様が変更される可能性も考えられますので、実際に運用される際には今一度、Parallels社に確認される事をお勧め致します。

「Parallels Management Console」+「Parallels Desktop 4.0 for Mac」

↑「Parallels Management Console」+「Parallels Desktop 4.0 for Mac Build 3540」(クリックで拡大します)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー