お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「DiskWarrior 4.1.1」、「Mac OS X 10.5.5」に対する互換性改善 etc...

2008/11/03 00:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

1月下旬にリリースされたVer.4.1において、「Mac OS X 10.5 Leopard」に対する互換性改善、及び「Time Machine」におけるハードリンクへの対応等が行われているシステムメンテナンスツール「DiskWarrior(ディスクウォーリア)」に、米国時間10月27日付にて最新版に相当する「DiskWarrior 4 Version 4.1.1(DiskWarrior DVD Revision 810)」がリリースされ、現在Alsoftによる公式サイトを通じて英語版が入手可能となっています(現時点で日本語版のアップデートは行われていませんので御注意下さい。日本語版の現行バージョンは「DiskWarrior 4.0(DiskWarrior CD Revision 41)」となっています)。

この度リリースされた「DiskWarrior 4 Version 4.1.1」は、米国時間9月15日付にてリリースされた「Mac OS X 10.5.5」に対する互換性改善等を主目的としたメンテナンスアップデートとして位置付けられており(パーミッションの修復を適切に行う事ができないケースが確認されていた問題等を修正)、当バージョンよりバンドルされるスタートアップメディアがCDからDVD(DiskWarrior DVD Revision 810)に変更されています。

尚、バンドルされるスタートアップメディアは「CD Revision 41」より「Universal Binary」として提供されているため、システム要件を満たしたIntelベースMacintosh、PowerPCベースMacintoshの何れも起動可能となっています(この度リリースされたVer.4.1.1にバンドルされる「DVD Revision 810」を使用した際にも「MacBook(Late 2008)」ラインアップ(「MacBook Pro」「MacBook Air」含む)は起動不可と伝えられています)。

※利用される際には、今一度Alsoftのサポートページにてシステム要件等の注意事項を確認される事をお勧め致します。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー