お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Server 3.0 for Mac Build 2173.135959」リリース

2008/08/28 06:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

Mac OS Xベースとしては初となるサーバ仮想化ソリューションとして6月中旬にGAリリースを迎えている「Parallels Server for Mac」に、米国時間26日付にて最新版に相当する「Parallels Server 3.0 for Mac Build 2173.135959」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows、Linux、Bare Metal版は各々「Beta 6」が入手可能となっています)。

この度リリースされた「Parallels Server 3.0 for Mac Build 2173.135959」における主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • 2コア(2way)の「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessor、仮想対称型マルチプロセッサ)」を利用した「Mac OS X Server 10.5 Leopard(ゲストOS)」環境下にて、サウンドを再生した際にカーネルパニックが発生するケースが確認されていた問題を修正
  • 「Mac OS X Server 10.5 Leopard(ゲストOS)」のインストレーションプロセスにおいて、マウス、及びキーボードのレスポンスがなくなるケースが確認されていた問題を修正
  • PXE(Preboot eXecution Environment)ブートから抜けた後(Acronis PXE Server)、ハードディスクドライブからブートした際にクラッシュが発生するケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンをスタート、或いはストップした後に、prlctlを通じて仮想マシンフォルダを削除する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • 動作中の仮想マシンの一部が無効なステータスにあった場合、仮想マシンをストップ、或いはシャットダウンした際に、ディスパッチャサービスのレスポンスが停止するケースが確認されていた問題を修正
  • Mac OS X(ホストOS)における一部特定環境上でGUIベースのマルチサーバマネジメントツール「Parallels Management Console」を閉じた後に、クラッシュが発生するケースが確認されていた問題を修正
  • Mac OS X「Dock」から、フルスクリーンモードで動作している仮想マシン間の切り替えを適切に行う事ができないケースが確認されていた問題を修正

今後のアップデート予定として、PCIデバイスのサポート等を包含するVer.3.01を9月にリリース予定と伝えられています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー