お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」は「Mac OS X Server 10.5 Leopard」をゲストOSとしてサポートへ

2008/07/24 03:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

以前にParallelsによるサポートフォーラムを参照する形にて、次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」の展望等をエントリさせて頂きましたが、今回はその補足のような形となります。

前回同様、米Parallelsスタッフよりサポートフォーラムに寄せられた現時点では非公式な情報を参照していますが、開発過程にあるとされる次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」では、「Parallels Server for Mac」同様、Appleによるサーバオペレーティングシステム「Mac OS X Server 10.5 Leopard」がゲストOSとしてサポートされる事となるようです。

現時点では、当該機能に関する詳細等は明らかにされていないようですが、何れかの続報等がありましたら随時追記していきたいと考えております。尚、「Mac OS X Server 10.5 Leopard」のゲストOSとしてのサポートは、米国時間6月17日付にて正式リリースを迎えたMac OS Xベースのサーバ仮想化ソフトウェア「Parallels Server 3.0 for Mac」において正式に提供されている他、開発過程にある「VMware Fusion 2.0」においても新機能の一つとして実装が予定されています(「VMware Fusion 2.0」におけるサポートは公式な情報として発表されており、ネクストリリースに相当する「Beta 2」において試験的な実装が予定されていると伝えられています)。

※当エントリは非公式な情報を参照していますので、参考程度に捉えて頂けると幸いです(変更される可能性がある事を御了承下さい)。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー