お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Server」のBetaテストが開始

2008/01/01 22:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

新年明けましておめでとうございます。旧年中は暖かい御支援ありがとうございました。本年も宜しくお願い致します。

2008年最初のエントリは「Parallels Server」関連の話題となります。「WWDC 2007」期間中に米サンフランシスコにて開催されたプレスイベント等を通じて開発計画、及び機能概要等が発表されていたParallels Software Internationalによるマルチプラットフォームサーバ仮想化ソフトウェア「Parallels Server」。SWsoftとの合流後は「Virtuozzo(「Parallels Virtuozzo Containers」にリブランド予定)」共々Parallelsによるサーバ仮想化ソリューションの中核を担うべき存在としても期待が高まるところではないかと思われますが、この度米国時間12月31日付のThe Official Parallels Virtualization Blogを通じて、開発過程にある同サーバ仮想化ソフトウェアのBetaテスト開始等が告知されています。

この度開始されたBetaテストでは、Mac OS X版、Windows版、Linux版が各々提供されており、一部ユーザグループを対象としたPrivate Betaとして配布されているため一般ユーザが試用する事はできませんが、Private Betaとして一度イニシャルフィードバックを得た後にPublic Betaとして一層広範なテストを行うといった指針等も示されています(Public Betaも近々リリース予定と伝えられています)。

現時点で伝えられている「Parallels Server」における主な特徴として、

  • 「VNC」ベース等の各種リモートコントロールクライアントを用いた遠隔操作
  • 「Virtuozzo Tools」等を通じたサーバマネジメントのサポート
  • デスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」におけるサポートも待望される「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessor、対称型マルチプロセッサ)」への対応

等が挙げられており、サードパーティベンダへの推進等が主目的とされるOpen API、SDK等の提供も予定されていると伝えられています。

尚、「Parallels Server for Mac」はMac OS Xベースとしては初となるサーバ仮想化ソリューションに相当し、「Xserve」「Mac OS X Server」普及促進の起爆剤とも成り得る存在として今後の動向等にも要注目となりそうです。

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー