お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

SWsoftが社名変更等を発表、新たな社名は「Parallels」

2007/12/13 16:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

OS仮想化を実現するエンタープライズサーバ仮想化ソフトウェア「Virtuozzo(バーチュオッゾ)」及び同仮想化ソフトウェアのサブセット版としてオープンソース化されている「OpenVZ(Open Virtuozzo)」等の開発元として認知されている米SWsoft。Mac OS Xユーザにとってはデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」を開発するParallels software Internationalの親会社としても認知されていますが、この度米国時間12日付にて発せられたプレスリリース等を通じて、自社の社名変更を含めた今後のビジョン、及びそれに伴う既存ソフトウェア、サービスの一部における名称変更等が発表されています。

この度発せられたプレスリリースには、2008年早期より社名が「SWsoft」→「Parallels」に変更される旨が伝えられている他、マルチプラットフォーム仮想化ソリューション、及びオートメーションソフトウェアの提供等を通じた「Optimized Computing」をビジョンとして掲げた今後の運営方針等が示されています。また、前記に伴い既存ソフトウェア、サービスの一部に名称変更が行われると伝えられており、主な変更内容が以下の通りに示されています(「Virtuozzo」「Plesk」関連を抜粋)。

  • 「SWsoft Virtuozzo」→「Parallels Virtuozzo Containers」
  • 「VZMC(Virtuozzo Management Console)」→「Parallels Management Console」
  • 「VZCC(Virtuozzo Control Center)」→「Parallels Infrastructure Manager」
  • 「SWsoft Plesk」→「Parallels Plesk Control Panel」
  • 「SWsoft Plesk Expand」→「Parallels Plesk Expand」
  • 「SWsoft Sitebuilder」→「Parallels Plesk Sitebuilder」

「Parallels Desktop for Mac」「Parallels Workstation」「OpenVZ」及び開発過程にある「Parallels Server for Mac」の名称は現行通りと伝えられており、併せてSWsoft、Parallels Software International両社のWebサイトの統合等も行われると伝えられています。

以前には非公式ながら「Parallels Desktop for Mac」「Virtuozzo」間における相互互換性(「Virtuozzo」におけるコンテナ(OSインスタンス)を「Parallels Desktop for Mac」にて利用可能とする等)を視野に入れた開発計画等も示されていた他、数ヶ月前からはSWsoft公式サイトにおけるプロダクトリストにParallels関連ソリューションがラインアップされる等、一定の予兆も示されていましたが、今後は「Parallels」ブランドとしてエンタープライズ用途のサーバ仮想化ソリューションからコンシューマ用途のデスクトップ仮想化ソフトウエアまで、プラットフォームを問わずした幅広い「Optimized Computing」の展開が期待できるのではないかと考えています。

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー