お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Mac OS XネイティブGUI環境「Aqua」対応版「OpenOffice.org Aqua Development Preview」に新たな開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)が公開

2007/07/09 01:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

米国時間6月5日付にて、The OpenOffice.org Mac Porting Projectより最初の開発スナップショット(First Aqua Development Snapshot)が公開されているMac OS XネイティブGUI環境「Aqua」対応版「OpenOffice.org Aqua Development Preview」。現時点では開発途上のプレビューバージョンとしての位置付けながら、Mac OS X環境における現存オフィススイートが抱える各種の課題を解決し得る存在の一つとしても、その動向が注目されるところではないかと思われますが、この度米国時間3日付にて開発過程にある同オフィススイートの最新開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)に相当する「OpenOffice.org Aqua Development Preview」が公開され、現在公式ダウンロードページを通じて英語、フランス語、ドイツ語、日本語各ロケールに対応したバイナリパッケージがBitTorrent経由にて入手可能となっています。

この度公開されたSecond Aqua Development Snapshotにおける主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • プリント機能が利用可能に(Aquaによるプリントダイアログには非対応)
  • テキスト表示の不具合に起因して適切に機能していなかったPDFエクスポートが利用可能に
  • コピーアンドペーストがフルに利用可能に
  • アプリケーション(OpenOffice.org)終了後に発生し得たクラッシュを改善
  • テキスト、及びグラフィックスにおける適切な描画を実現
  • 大部分のウインドウ、及びダイアログに対する「Aaua」テーマの適用
  • 種々のバグやクラッシュ、及びパフォーマンスの改善
  • Aqua対応のIMEを利用した日本語のインライン入力が可能に
  • 新たにフランス語、ドイツ語、日本語各ロケールを追加

現時点では使用時におけるアプリケーションのクラッシュ、及びデータ破損の可能性等が示唆されており、開発サイドからは生産性を伴う用途での利用は控えるよう呼び掛けられています(使用時においては各種データの事前バックアップが推奨されています)。また、現時点で確認されている主な不具合等が以下の通りに示されています。

  • プリントダイアログが、Mac OS Xネイティブアプリケーションにおけるそれ(Aquaによるプリントダイアログ)と非統一
  • 共有フォルダ、或いはリモートフォルダから「OpenOffice.org」を開始した際に適切に動作が得られず
  • 「Impress(プレゼンテーション)」がマルチモニタ環境に未対応

※既知の問題点の全てのリストがQuality Assuranceを通じて確認可能となっています。

尚、システム要件には前開発スナップショット(First Aqua Development Snapshot)同様、「Mac OS X 10.4.x」(Intel/PowerPC)が挙げられており、現行「OpenOffice.org for Mac OS X」(X11版(X11 for Mac OS X))版のテスト、配布等も、追って告知のあるまで継続予定と伝えられています。また、更なる開発スナップショットのリリース予定等も併せて表明されています。

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー