お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Google Desktop for Mac」ファーストインプレッション

2007/04/07 00:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

今週よりそのリリース予定の具体化が囁かれつつあったAppleによる64bitワークステーション「Mac Pro」に、いよいよ現行ラインアップに3.0GHzクアッドコア「Intel Xeon 5300(Clovertown)」ラインのプロセッサを2基搭載したフラッグシップモデルが追加(米国時間5日付のAppleInsiderでは「Xeon 5365」が搭載されていると報じられているようです)。8コアプロセッシングが齎すインパクトを切に感じつつも、その価格設定を確認した限りにおいては、やはりデスクトップテクノロジに基づく、拡張性を備えたミドルレンジのデスクトップモデル等も待望したいところではありますが……(標準構成に対して「Two 3.0GHz Quad-Core Intel Xeon」への変更のみを選択した際には508,590円(税込))。

そんな中、2005年3月よりWindows版(正式版)が先行公開されているGoogleによるデスクトップ検索ツール「Google Desktop」に、米国時間4日付にてMac OS X版に相当する「Google Desktop for Mac」 Beta(Ver.1.0.0.155)がリリース。現在「Google Software Downloads for the Mac」を通じて入手可能となっていますので、以下に実際にインストールしてみて気付いた点等を纏めてみたいと思います。尚、ダウンロードサイズはdmgにて約1MB、システム要件には「Mac OS X 10.4.x」が挙げられており、インストーラには「Google Updater」が同梱されています。

  • アプリケーション本体(Google Desktop)は/Applicationsに格納(「ログイン項目」に登録)
  • 環境設定は「システム環境設定」を利用(/Library/PreferencePanesに「GoogleDesktop.prefPane」を追加)
  • 「command」キーを2回続けて押下する事により「Quick Search Box」(検索窓)を呼び出し可能(ショートカットキーは環境設定より任意に変更可能)
  • 上記デフォルトのキーコンビネーションは「システム環境設定」>「ユニバーサルアクセス」>「キーボード」より「複合キー」が有効になっている際には動作せず(「command」+特殊キー以外の組み合わせはOK)
  • 検索時には「Spotlight」同様、インクリメンタルサーチをサポート
  • Search Resultsリスト下部「See all desktop results for 〜」を選択する事により、検索結果をデフォルトWebブラウザに表示可能
  • Webブラウザに表示した検索結果より、任意の項目の格納先フォルダ、或いはキャッシュコピー(スナップショット)等にもアクセス可能
  • 「Spotlight」におけるプライバシーリスト(「システム環境設定」>「Spotlight」)に登録されている項目は、「Google Desktop」においても検索対象から外される

インデックス作成は(Spotlight同様)インストール直後に実行され、環境による相違はあるものの、オフィシャルページによる記述では最長で数時間を要する可能性もあるとの事(インデックスファイルは「/Library/Google/Google Desktop/Index」以下に生成)。デスクトップ検索ツールとしてはMac OS X標準「Spotlight」との比較が興味深いところではありますが、「Google Desktop for Mac」では検索対象の一部に「Gmail」を包含可能としている他、キャッシュコピー(スナップショット)作成による各種ファイルのバージョニング管理等も実現しているようです。また、「Quick Search Box」におけるボックスサイズ、及び入力時の文字サイズが適度に大きいため、視認性にも優れています(下記スクリーンショット参照)。こうしたアクセシビリティにおけるアドバンテージは重要ですね。同一インタフェースにてデフォルトブラウザを使用したWeb検索(Search Resultsリスト下部「Search web for 〜」を選択)等も可能としているだけに、今後の展開にも大いに期待したいところです。

「Spotlight」「Google Desktop」のサーチボックス比較

↑「Spotlight」「Google Desktop」のサーチボックス比較

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー