お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Desktop for Mac Release Candidate 3(Build 3170)」における変更点等の概要

2007/02/18 22:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

米国時間1月10日付にて「Release Candidate 1(Build 3120)」が、同2月1日付にて「Release Candidate 2(Build 3150)」が各々リリースされ、The Official Parallels Virtualization Blogでは数週間内における正式版リリースも仄めかされていたMac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」に、米国時間15日付にてRelease Candidate 3に相当する「Build 3170」がリリース。現在Parallels Software Internationalによる公式ダウンロードページを通じてバイナリパッケージが入手可能となっている他、15日間試用可能なトライアルキーも提供されています。同時に変更点等の概要等がParallels Support Forumにて示されていますので、以下に内容の一部を意訳してみます。本文中にて多くは語られていませんが「Mac OS X 10.5 Leopard」における試験的な対応は注目に値するかと思われます。

(ここから意訳)「Build 3170」はリリース候補に相当するソフトウェアです。同ビルドは、後のファイナルリリースにおいて利用可能となるであろう、最終的な機能の大まかな概要を提供しますが、それらは未だ「候補」段階であり、従って生産等を目的とした利用用途は推奨されていません。事前に自らの仮想マシンのバックアップを行った上で御利用下さい。

「Build 3170」では、これまでのBeta、及びRelease Candidateにおいて確認されていた問題に対する幾つかの非常に重要な修正を提供します。

「Build 3170」では「Windows Vista」へのアップグレードサポートを追加しました

自らの「Windows XP」環境を「Windows Vista」にアップグレードする際には、以下の手順を実行して下さい。

  1. 自らのゲストOSをシャットダウンして下さい
  2. 「Actions」>「Prepare Windows Vista Upgrade」メニューアイテムを実行して下さい

上記手順を実行する事により、「Parallels Desktop for Mac」は自らの仮想マシンを調整し、アップグレードプロセスを開始するでしょう。アップグレード時にあなたが行わなければならない作業は以下の2点のみです。

  • 「Windows XP」がロードされるまで待機
  • 「Windows Vista」のCDを挿入し、アップグレードを開始

「Global Sharing(「Enable Global Sharing for drag-and-drop」)」オプションは、「Build 3170」においてデフォルトで無効化されました

我々は、同機能は既に充分なテストが実施されたものと確信しております。今後は、皆様方自らが真のドラッグアンドドロップの機能性を利用可能とするか否かの決定を行う事となります。

「Build 3170」では、最初にドラッグアンドドロップを試みた際に「Global Sharing」(或いは「Local Sharing」)を利用可能とするか否かの選択を促される事となるでしょう(利用しない場合でもWindowsに対するドラッグアンドドロップでのファイルコピーは可能)。「Global Sharing」と「Local Sharing」の相違点は以下の通りです。

  • Global Sharing:Mac OS Xファイルシステム(ボリューム)全体を共有します
  • Local Sharing:当該ユーザのホームフォルダのみを共有します(Betaテスタの方々から頂いたリクエストによります)

注) Release Candidate 3(Build 3170)へのアップグレード時には、既存の全てのRelease Candidate 1(Build 3120)、及びRelease Candidate 2(Build 3150)環境における「Global Sharing」が強制的に無効化される事となります。

USBに関する修正

安定性に関する修正、及び新たなデバイスのサポート。Release Candidate 3(Build 3170)において自らの愛用デバイスを御自由にお試し下さい。そして未だ尚、動作しないデバイスを発見した際には、我々に御報告下さい(beta@parallels.com)。

「Mac OS X 10.5 Leopard」における試験的なサポート

「Parallels Desktop for Mac Release Candidate 3(Build 3170)」は現在、「Mac OS X 10.5 Leopard Developer Preview」において利用可能となっています。And more...(ここまで)

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー