お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Mac OS X標準アーカイブユーティリティ「BOMArchiveHelper」について

2006/04/30 23:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

先日のエントリで紹介しましたMac OS Xのセキュリティホールにおいて、脆弱性の一部として指摘されていたMac OS X標準アーカイブユーティリティ「BOMArchiveHelper」について、その概要等を簡単に紹介したいと思います。

Mac OS Xユーザにとっても比較的馴染みの薄い存在となっている「BOMArchiveHelper」ですが、これは「Mac OS X 10.3 Panther」よりサポートされたフェイスレスなアプリケーションの一種で、オリジナルは「/System/Library/CoreServices/BOMArchiveHelper.app」に存在し、システムレベルでの圧縮/解凍をサポートしているツールとなります。

その実体はUNIXコマンドの「ditto」をGUIレベルに拡張したもので、「Finder」における「ファイル」> 「アーカイブを作成」は、この「BOMArchiveHelper」によって実現されており(コンテキストメニュー等からも呼び出し可能)、ZIP形式のみならず「CPIO」形式(アーカイブのみサポート)や「CPGZ」形式(CPIO形式に圧縮を施したもの。尚、アーカイブと圧縮は同義ではありません)等のアーカイブ形式もサポート。「BOMArchiveHelper」に直接ファイルをドラッグアンドドロップすると「CPGZ」形式のアーカイブが作成される事となります。尚、「Mac OS X 10.4 Tiger」以降の「BOMArchiveHelper」を利用して圧縮されたファイルには、メタデータがデータフォークに自動添付する仕組みが採用されており、Mac OS特有のリソースフォークは「AppleDouble」方式にて付加される事となります。そしてこの件等に起因して、Mac OS Xの旧バージョンやWindowsでは解凍に失敗する事もあるので、利用に際しては互換性に注意を払う必要があります。

「StuffIt Expander」との互換性においては、CPIO/CPGZ形式は同アプリケーションでは解凍不可。ZIP形式に関しては、リソースフォーク部分が正常に統合、復元されません。Mac OS Xが10.4 Tigerから「StuffIt Expander」のバンドルを廃止したのは、「BOMArchiveHelper」との互換性に起因するユーザの混乱を避けるための意図も含まれていたのではないかと推測されます。

尚、「BOMArchiveHelper」はWebブラウザ「Safari」のデフォルトのヘルパーアプリケーションの一つとしても採用されています。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー