お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

年商10億円未満のソフトハウスの社員定着率が悪い理由・・・

2007/11/06 06:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

長島 淳治

年商30億円未満の元気の無いソフトハウスの経営者、経営幹部、リーダーそして現場で頑張っている全ての関係者が 今の下請け稼業から新たなステージに飛び立とうと考えた時に読んで欲しいブログです。 主にマーケティングとセールスを中心に発信していきます。中でも今の時代に求められているセミナーを活用した有効な販売戦術:セミナーマーケティング活用法の詳細な解説も展開していきます。
ブログ管理

最近のエントリー

 私はこれまでに100社以上の経営者の相談を受けてきました。

技術者派遣を主体とするソフト会社の悩みで多いのが人に関する

事柄です。派遣モデルの場合、若手を多く採用することが非常に

大切になります。彼らを多く採用することで価格の弾力性が生まれ

尚且つ、会社が負担する間接費用(役員報酬や賃借料、水光熱

費等)の一人当たりの負担額が低減し、利益を生み出し易くなる

からです。システムが複雑化し、さらに短納期にとなっている現状

において、お客様の要件を満たす為に人出は確かに必要ですが

年商10億円未満のソフトハウスの場合、若手を多く採用する必要

があるのは、利益を創出するためです。

 ところが、昨今のブログの話題にもある通り、人材採用難となって

います。これまでは何もしなくても若手の採用が出来たのに、ここ

2から3年の間に様相が一変してしまいました。必要採用人数を確保

出来ずに、会社の売上は停滞します。今の社員は年齢と共に給与が

多少上がるので、当然利益を圧迫します。経営者の悩みは尽きない

のです。

 そして更なる打撃が定着率の悪さです。会社の業績が悪化している

会社の特徴の一つは離職率の高さにあります。せっかく採用した若手

社員でも他社に引き抜かれたり、辞めたりして採用及び試用期間中の

投資額を回収できないままの場合が多いのです。私は辞める社員の

相談にも乗ってきました。現場支援のコンサルタントは何でもするのです。

色んな理由がありますが、大きな理由の一つに会社の将来性への不安

があります。最近の学生の傾向として、就職ではなく就社の意識が高

まっています。その会社に自分にとって魅力的かどうか、信頼できる仲間

がいるのか、自分の成長に役立つのだろうか、こういったポイントが重視

されているのです。採用が出来ない企業は、まずこういったポイントを

学生に伝えられていません。伝えるべき内容がありません、という会社は

これを機会にもう一度考えてみるのも良い手だと思います。

 例えば報酬面で社員を引き止めようと考える経営者がいます。ところが

これには限界があります。金銭の魅力で動く社員は、金銭の誘惑で

簡単に他社に移ります。人材の流動性が高まっていますし、ある程度

経験を積んだ技術者を欲しいと思っている同業他社は多いので、

報酬面での刺激は際限なく続くからです。報酬を高く出すのであれば、

ビジネスモデルは変える必要があります。これはまた今度お話しします。

 さて、社員の定着率が悪い根本の理由は会社の将来性というお話しを

しました。実は経営者自身も会社の将来性に不安を抱いているケースが

あります。トップが未来に対して迷いを持っているのです。簡単に言うと

自信を失っています。自社で作っている経営計画書はあるでしょうか?

その計画は達成されていますか?それとも計画そのものも社員への

説明・開示が無いのかも知れません。こういった会社は経営者自身が

将来に対するビジョンを持っていないケースがほとんどです。

 実は社員定着率が悪い会社は、社長が経営に自信を持っていない会社

と同義なのです。船頭が操船が下手だったり、方向音痴だったり、そもそも

自信を持っていなかったとしたら、その船に乗りたいと思いますか?途中

下船したくなる気持ちが分かると思います。社員定着率を向上させる為には

まず経営者の自信を取り戻すことが先決です。待遇面を良くしたり、会社の

環境を変えるだけでは一時的な刺激でしかありません。トップ自体の姿勢、

これが会社の将来を決定するのです。

 

※ブログをお読みの皆様にお知らせです。

  メルマガを同時に発刊しています。ご興味がありましたらお読み下さい。

 ソフトハウスのための幸福経営論 好評発刊中!

 http://www.mag2.com/m/0000186996.html

        

※ブログをお読みの皆様にお知らせ その2です。

 上記メルマガでも問合せを多く頂いていますが、無料小冊子

  『中小ソフトハウスを元気にする30の方法!』をご希望の皆様

 にお送りしています。4月から配布を始めて、現在304名の皆様

 にお読み頂いています!

 詳しい内容は下記アドレスからお読み下さい。

 http://www.funaisoken.co.jp/magazine/magazine_4/MG225/NM8527.html

     

※ブログをお読みの皆様にお知らせ その3です。

 8月に開催したセミナーが商品化となりました。

 耳から学ぶ、ソフト業界関連者、必聴のCDです

 詳細内容は、以下のURLをご確認下さい!

 http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1191855670.html

 御連絡、お待ちしております。  以上、お知らせでした。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー