お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

偽装請負について

2006/08/01 14:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

長島 淳治

年商30億円未満の元気の無いソフトハウスの経営者、経営幹部、リーダーそして現場で頑張っている全ての関係者が 今の下請け稼業から新たなステージに飛び立とうと考えた時に読んで欲しいブログです。 主にマーケティングとセールスを中心に発信していきます。中でも今の時代に求められているセミナーを活用した有効な販売戦術:セミナーマーケティング活用法の詳細な解説も展開していきます。
ブログ管理

最近のエントリー

IT業界のタブーとして有名なのは『偽装請負』。

私も何度かメディアからの取材を受け、気にしている

トピックの一つです。

これは請負契約を交わしているにも関わらず

実態としては技術者が派遣され、『指示・命令系統』及び

『時間管理』を元請け会社が行う形態をさします。

業界特性上、多段構造のゼネコン体質が常識となっています。

元請け会社は販売を担当し、下請けのソフトハウスが製造を

分担する製販分離の体制と言えば聞こえはいいですが、実態は

コストダウンを前提とした下請けビジネスです。

メーカー側は今の流れを受けて、再々委託の禁止や下請け業者の

集約化を図っています。

また、契約書そのものを派遣契約に切り替える為に、下請け会社には

派遣の免許を取得するよう指導をしています。

しかし、契約書が切り替わっても今度は多重派遣という労働法に違法

する可能性が強く、手詰まり状態が続いているのが現状です。

しかし、冷静に考えると下請けのソフトハウスに未来はあるのでしょうか?

中小ソフトハウスの中には受注構造を1社や2社に依存している会社も

少なくありません。

それも1次請けであれば未来もありますが、2次請け、3次請けでは

明らかに切られてしまう対象となります。

それまで単価を削りに削られ、いらなくなったら切り捨てる。

それが資本主義の論理とは言え、未来を信じる経営者にとっては

本当に悲しい現実だと思います。

現在IT特需で技術者不足・・・。

派遣系の仕事は本当の転がっています。

この現状で甘んじるのか、未来を掴むのか。

経営者としての冷静と情熱の判断が会社の未来を決定付ける

そんな時流となってきました。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー