飲み方の多様性と渋谷区の社会課題解決に向け、新プロジェクト--“飲めない人”のバーオープン

坂本純子 (編集部)2022年06月30日 09時00分

 アサヒビールと電通デジタルが共同で設立したスマドリは6月29日、「渋谷スマートドリンキングプロジェクト」を発足したと発表した。

 飲み方の多様性を推進するスマドリと、渋谷に集まる多様な個性と共に可能性開拓型プロジェクトを推進する渋谷未来デザインが、渋谷区の社会課題を共に解決し、飲み方の多様性を尊重し合える社会の実現を目指す。

シグネチャーカクテルのMarbling Rain(左)とMarbling Snow(右)。アルコール分0%・0.5%・3%で提供する
シグネチャーカクテルのMarbling Rain(左)とMarbling Snow(右)。アルコール分0%・0.5%・3%で提供する

 渋谷区の課題であるコロナ禍で増加した路上飲酒によるマナーの悪化や酩酊による迷惑行為などのお酒のトラブルに対し、適正飲酒セミナーや責任のある飲酒の情報を発信することで健全な飲酒文化を醸成し、安全安心できれいなまちづくりに貢献する目的で立ち上げたプロジェクトだ。

 また、6月30日にオープンする「SUMADORI-BAR SHIBUYA」や渋谷区内の大学で、大学生を対象にした適正飲酒啓発セミナーや各種ワークショップ・情報発信イベントを実施。SUMADORI-BAR SHIBUYAで採用する従業員は、店舗運営業務に加え「スマドリアンバサダー」としてスマートドリンキングの推進役や新メニュー開発のアドバイザーも担う。

 渋谷区 区長の長谷部健氏は、「ハロウィンで車をひっくり返したのが象徴的だが、飲み方を話題とした映像には渋谷が出る。若者が集まる街の象徴の渋谷で、スマートな飲み方、ニーズにあった飲み方を発信していくのは意義のあること」と活動にエールを送った。

渋谷センター街(東京都渋谷区宇田川町23-10)にオープン。営業時間は12時~22時、1階はドリンクと軽食が中心で、2階はこだわりのフードも楽しめる
渋谷センター街(東京都渋谷区宇田川町23-10)にオープン。営業時間は12時~22時、1階はドリンクと軽食が中心で、2階はこだわりのフードも楽しめる

 SUMADORI-BAR SHIBUYAは、ハードクラフトレモネードやハードクラフトコーラなど、アルコール分が0.00%、0.5%、3%のドリンクを100種類以上用意し、自分の体質や好みに合ったドリンクを選べるのが特長だ。

モバイルオーダーの画面
モバイルオーダーの画面
ノンアルコールおよびアルコール度数を選べる
ノンアルコールおよびアルコール度数を選べる

 注文は、モバイルオーダーシステムを活用する。「これまで、お酒が飲めない人がどんなものを好むかのデータがなかった」(スマドリ 代表取締役社長の梶浦瑞穂氏)が、システムによってオーダー前に事客の基本情報や飲酒に関するアンケートと、注文商品から情報収集・分析が可能になる。今後の商品やサービスの開発につなげる方針だ。

スマドリ 代表取締役社長の梶浦瑞穂氏、渋谷未来デザイン 事務局長の長田新子氏、渋谷区 区長の長谷部健氏
スマドリ 代表取締役社長の梶浦瑞穂氏、渋谷未来デザイン 事務局長の長田新子氏、渋谷区 区長の長谷部健氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]