ドコモとBMW、スマホと車両で番号を共有できるコネクテッドカーサービス

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年03月03日 09時30分

 NTTドコモとビー・エム・ダブリュー(BMW)は3月1日、同日から日本初となる5Gおよび、コンシューマeSIMに対応したコネクテッドカーサービスを提供すると発表した。対応車両は「BMW iX」「BMW i4」で、順次拡大する予定。

 ドコモとドイツ本社のBMWグループおよびBMWは2018年12月、遠隔でプロファイルを書き込み可能で、主にコンシューマ機器に搭載する「コンシューマeSIM」の車両搭載に向けた協業の検討を開始。BMWの車両に5GモジュールとコンシューマeSIMを搭載、モバイル通信を利用可能にする仕組みの共同開発に至ったという。

 これにより、BMW iXとBMW i4がコネクテッドカーとして初めて、1つの電話番号をスマートフォンとアクセサリ端末で共有し、音声通話とデータ通信ができるドコモのオプションサービス「ワンナンバーサービス」に対応。スマートフォンで利用中の電話番号や料金プランをそのまま対応車両で利用できるようになり、スマートフォンと対応車両をBluetoothなどで接続しなくても、車内における音声通話、インターネット通信環境が構築できるという。

キャプション

 なお、BMW iXとBMW i4は従来から、「BMWコネクテッド・ドライブ」の各種サービスを提供するためのeSIMを搭載しているが、これに加えてコネクテッドカーサービスで利用するコンシューマeSIMと5Gモジュールを搭載し、5Gに対応。車両に搭載する最新のモバイル技術「DSDA(Dual-SIM-Dual-Active)」により、2つのeSIMを同時にアクティブにでき、BMWコネクテッド・ドライブの通信に加え、利用者自身の音声通話やデータ通信も車両を経由して利用できるという。

キャプション

 コンシューマeSIMを活用した、5G対応の車内向けWi-Fiもセットアップ可能。車内でスマートフォンやタブレットを最大10台接続でき、5Gの高速データ通信を利用できる。

 コネクテッドカーサービスは、月額利用料(税込)550円のワンナンバーサービスの契約と、BMWが提供する「My BMW」アプリまたは、「BMWポータルサイト」に「BMW ID」でログイン後、表示されたサイトに「dアカウント」でログイン、BMW IDと「dアカウント」を連携することで利用が可能となる。個人で購入した車両だけでなく、レンタカーやカーシェアなどで対応車両に乗車する際にも、同サービスを利用できるという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]