グーグル親会社Alphabet、大幅な増収増益--広告事業が引き続き好調

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年10月27日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社Alphabetは、2021年度第3四半期(9月30日締め)の決算を発表した。インターネット検索と他の広告事業の売上高が引き続き伸びたことから、純利益が大きく増加した。

Googleのロゴ
提供:Getty Images

 純利益は189億3600万ドルで、1株あたり27.99ドルだった。これは前年同期の112億4700万ドル(1株あたり16.4ドル)から68%の増加となる。売上高は前年同期比41%増の651億1800万ドルだった。米Yahooによると、アナリスト予想では売上高634億5000万ドル、1株あたり純利益23.47ドルとされており、これらを大幅に上回る業績となった。

 Google検索の売上高は44%増の379億2600万ドル、YouTubeの広告売上高は43%増の72億500万ドルだった。

 Googleのクラウド事業の売上高は、45%増の49億9000万ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]