Facebookの大規模障害、原因は「コンフィギュレーション変更のミス」

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月05日 14時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間10月4日、およそ6時間にわたり発生した大規模障害の原因は「コンフィギュレーション変更のミス」だったと発表した。サービスは復旧済みだという。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「当社のエンジニアリングチームは、当社データセンター間のネットワークトラフィックを調整するバックボーンルーターにおけるコンフィギュレーション変更が問題を引き起こし、通信を遮断したことを確認した。このネットワークトラフィックの障害はデータセンター間の通信に連鎖的な影響をもたらし、サービス中断につながった」と、エンジニアリングおよびインフラ担当バイスプレジデントのSantosh Janardhan氏は発表の中で述べた

 この障害は、Facebookが保有する「Instagram」や「WhatsApp」などのアプリに加え、Facebookの従業員が利用するツールにも影響した。障害が発生している間、ユーザーデータが侵害された形跡は見つかっていないとFacebookは述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]