アマゾン、「Echo Show 15」を発表--壁掛け可能な「Alexa」搭載スマートディスプレイ

Molly Price (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月29日 07時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月28日、毎年恒例の「Echo」デバイス発表イベントを開催し、Echoと「Ring」シリーズの新製品を発表した。同イベントでは「Amazon Smart Thermostat」、「Amazon Glow」、「Halo View」、Echoデバイス向けの一風変わった音声アシスタント「Hey, Disney!」など、複数の製品が披露されたが、Echoシリーズ最大の目玉は、Amazon史上最大サイズの壁掛け可能なスマートディスプレイ「Echo Show 15」だった。

Amazon Echo Show 15
提供:Amazon

 Echo Show 15は、15.6インチ、1080p HDのタッチスクリーンで、マイク、前面カメラ、両側面から音声を出力するスピーカーが搭載されている。カメラは物理的なシャッターを備え、マイクをオフにするためのなじみ深いミュートボタンがある。仕様を見る限りは、これまでどおりのEcho Showデバイスだが、写真を見ると、まったく新しい外観を備えている。

 Echo Show 15には、同社が設計した「AZ2」プロセッサーが搭載され、音声認識に加えて、画像や映像の処理・認識も可能。これにより、同社の「Visual ID」顔認識機能と内蔵カメラを使ってユーザーを識別し、パーソナライズされたレコメンデーション、カレンダー、To-Doリストなどユーザーに合わせた情報の表示が可能となっている。

 Echo Show 15は249.99ドル(日本では2万9980円)で、カラーは黒縁のバージョンのみ。横向きにも縦向きにも設置可能で、壁にかけることもスタンドに立てることもできる。壁掛け用の器具は付属しているが、卓上スタンドは別売りとなっている。

 Echo Show 15は、米国、英国、カナダ、メキシコ、ブラジル、フランス、イタリア、スペイン、日本、オーストラリアで2021年内に発売予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]