東横INN、客室ベッドに睡眠モニター導入--スマホで睡眠の分析結果と改善ポイントも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月10日、睡眠の分析結果と改善ポイントを確認できる「睡眠モニター」を、ビジネスホテル「東横INN」に提供すると発表した。

 睡眠モニターは、KDDIとニューロスペースが共同開発した。同日より東横INNの公式アプリ内の機能として提供され、利用は無料。ただし、東横INNクラブカード会員(要入会金)である必要がある。

利用の流れ利用の流れ

 サービス対象の部屋に宿泊し、普段通りに眠ると、睡眠モニターの圧電素子にかかる圧力データから体動、呼吸、心拍の分析により睡眠状態を計測。睡眠スコア、睡眠時間、睡眠の深さなどの結果と個人に合わせた睡眠の改善ポイントが提供される。

 結果は翌朝6時以降にアプリから確認できるしくみだ。

 なお、サービス開始時の対象ホテルは、埼玉県さいたま市の東横INN大宮駅東口(276室)、広島県広島市の東横INN広島駅スタジアム前(154室)の2施設。他施設でも展開し、2022年3月までに全国の合計約800室で提供予定。

アプリ画面のイメージ
アプリ画面のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]