M1 MacBook Proを半年間使って見えてきたこと

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 懐疑的だったことは認めざるを得ないが、「Apple Silicon」を受け入れることにした。筆者の古い「MacBook Pro」は、OSはまだ最高の動作をしていたものの、キーボードが多少のほこりの重みで反応が鈍くなっていた。筆者は「M1」チップの潜在的な能力を知って、IntelベースのAppleハードウェアに依存することにうんざりし始めていた。

 よって、購入を決めた。

 過去に執筆した記事「『MacBook Pro』(2020)レビュー--M1搭載で速度やバッテリー性能が向上」にあるとおり、失望することはなかった。むしろ、M1搭載ハードウェアに対する第一印象は、第1世代のハードウェアがこれほど見事になるのか、という驚きに他ならない。もちろん、これを開発したのは、現状を知り尽くしているAppleだ。

 それでも、まだ少しの疑念が残っていた。これらの新しいチップ(そしてその上で動作するOS)は、時の試練に耐えられるのだろうか。それとも、MacBook Proのパフォーマンスは時間とともに低下していくのか。ハードウェアが故障しないだろうか。最後に、自分に必要なソフトウェアがApple Siliconをサポートしていないという事態は起きないだろうか。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]