「IT意識高い系人材」の暴走が引き起こす長時間労働の悲劇

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第2回では、IT武装をした職場においても生産性が上がらない原因を、会社側の視点、社員側の視点の双方から紹介した。今回は、社員側の視点にフォーカスをし、現場のITリテラシー格差がもたらす長時間労働について実態を探る。特に、いわゆる「IT意識高い系人材」の暴走という観点に着目してみたい。

長時間労働問題の新しいファクター

 2020年初春からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行とそれに伴う3度もの緊急事態宣言を機に、多くの企業はリモートワークへの対応を迫られた。元々リモートワークをする環境が整えられていた企業もそうではない企業も、半ば強制的にリモートワークをするためのIT環境の構築を求められてきたのが、この一年の動きと言えよう。

 かつてはリモートワークができる環境が整わないことに対する問題がクローズアップされることが多かった。しかし、最近では「ITスキルの低い社員」「対面での業務を求める社員」にどのように対応すべきかを見聞きすることが多い。

 例えば、中高年世代の上司がオンライン上ではなく対面での会議を求めるため、仕方なく社員は出社せざるを得ず、リモートワークが形骸化し、結果長時間労働が改善されないという記事を目にしたり、周りで聞いたりという経験が少なからずあるのではないだろうか。

 ただ、今回のリモートワーク下の環境で新たに「IT意識高い系人材」の存在が浮かび上がってきた。そして、この人材がリモートワーク下における長時間労働問題の新たなトリガーのひとつとなっているようだ。なぜなのだろうか。キーワードはITリテラシーだ。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]