トヨタ傘下のウーブン・アルファ、いすゞや日野と「自動地図生成プラットフォーム」活用へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングスのグループ会社ウーブン・アルファと、いすゞ自動車、日野自動車の3社は6月8日、ウーブン・アルファが開発している自動地図生成プラットフォーム(AMP)を物流業界の自動運転や先進運転技術に活用する検討を進めていくと発表した。


 AMPは、さまざまな企業から提供される車両や衛星画像などのデータを活用して高精度の地図を生成し、ユーザーに提供するもの。クラウドソース型のオープンプラットフォームで、道路上の車線や標識、信号などの位置や、カーブなどの道路形状のデータも含まれる。

 これらの情報更新頻度を高めることで、より安全な自動運転や先進運転技術を実現するとし、具体的には小型トラックでの活用を検討しているという。将来的にはAMPの地図生成エリアを日本以外でグローバル展開することも目指す。

 ウーブン社の親会社のトヨタ自動車と、いすゞ、日野の3社は2021年3月に、自動運転技術、電子プラットフォームの開発などで協業を発表していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]