在宅勤務で「チャットよりも生産性が高いのはメール」は本当か?

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リモートワーカーは2021年、コミュニケーションソフトウェアに関してかつてないほど多くの選択肢を持つようになったが、常に舞い戻って使ってしまうツールが1つある。それは電子メールだ。

 この1年間でリモートワークや生産性に関連したソフトウェアが大量に導入され、パンデミック期においても企業と従業員のつながりが保たれている。

 ビデオ会議の急速な普及は、デジタルチャネルが日々の仕事に欠かせないものになったことを示す例として取り上げられることが多い。しかし、電子メールセキュリティ企業Egressの最新調査では、私たちが実際に仕事をする時には、速くて簡単な使い慣れた技術に依然として頼っているということが示された。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]