logo

業務の自動化、バックオフィスからフロントオフィスに拡大--ボットは2倍に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品を提供するAutomation Anywhereの日本法人であるオートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)は2月16日、RPA利用に関する調査結果「Now & Next: State of RPA report」を発表した。調査対象となった企業のほとんどがRPAへの取り組みを積極的に進めているという。

 この調査は、Automation Anywhereが調査会社Enterprise Technology Research(ETR)と共同で実施しており、4000以上の同社顧客から収集したデータとGlobal 2000とFortune 5000の数百人の経営層へのインタビューをもとにしている。

 調査対象となった組織の90%がRPAの取り組みを開始しており、その過半数(63%)はRPAを導入または積極的に拡大しており、27%が現在検討中だという。

 その一方で、後れをとっている業界もあり、ほとんどの医療組織ではRPAを単に「現在検討中」としているか、導入をまったく計画していないという。オートメーションが普及していない他の分野としては、サービス/コンサルティングや行政などが挙げられている。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]