logo

あなたは信頼されていますか--上司に不信感を抱く部下が示す6つのサイン

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うまく機能して成功を収めるチームには、1つの共通点がある。それは、チームメンバーがリーダーを概ね信頼しているということだ。不信感が存在する場合、それは本記事で紹介する6つの兆候として現れる可能性がある。不信感の原因を解決して、チームの機能を取り戻すことが極めて重要だ。

1.イニシアチブに対する関心の欠如や抵抗

 すべてのプロジェクトやイニシアチブがチームメンバーを興奮させるわけではない。それでも、関心の欠如や不満、全体的な抵抗が頻繁に見られるのなら、それはチームがリーダーを信頼していないことを示す兆候かもしれない。

 たとえグループが管理職者に好感を抱いている場合でも、その管理職者の判断や考えを信頼しているとは限らない。未解決の争いなどの要素が影響を及ぼしている可能性もある。とにかく、これらは不信感の潜在的な兆候である。

2.会議でリーダーに注意を払わない

 会議中に部屋を見回すと、あくびをしている人やスマートフォンを見ている人、あきれた表情をしている人、不満そうな人がいるはずだ。これは必ずしもリーダーへの不信感を反映しているわけではないが、特定のチーム会議で、または、特定の人間が会議を仕切っているときに、そうした光景を頻繁に目にするのであれば、リーダーへの不信感を示す兆候である可能性が高い。

 その場合、特定のリーダーの会議に出席したくないという会話がコーヒーマシンや食堂、「Zoom」やテキストメッセージで交わされることも多い。これは不信感を示している可能性がある。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]